ラグビー日本代表、W杯に向け第一次トレーニングスコッドを発表!

ラグビー日本代表

日本代表第一次トレーニングスコッド40名

日本ラグビー協会は2019年9月に開幕するラグビーW杯2019日本大会に向けてトレーニングスコッド40名(FW24名/BK16名)を発表した。

サンウルブズでも活躍するハッティングやラブスカフニなど、現時点は日本代表資格はないものの、W杯時点では資格を得られる選手もメンバーに含まれている。

今後、代表戦やトップリーグ等でのパフォーマンスによりメンバーの入れ替えも行われるが、今回の40名を核にチーム作りが加速する。

今回選ばれた選手で最年長は田中史朗(33歳)、最年少はベン・ガンター(20歳)。

最多キャップは田中史朗(64cap)、堀江翔太(55cap)、立川理道(54cap)、リーチマイケル(53cap)と続く。

チーム別ではパナソニックが12名で最多で、サントリー7名、東芝4名、キヤノンとクボタが3名。40名のうち2015年W杯のメンバーは12名となった。

今回のスコッドに入らなかった選手でも実力のある選手は多いだけに、TLの試合等でハードワークしてジョセフHCへのアピールを期待したい。

4年に1度のW杯、しかも自国開催で前回は南アに勝利したことから期待と注目度はかつてなく大きい。

その大会に出場できるW杯本番の最終登録メンバーは31名。選手同士で切磋琢磨しながらチームが強くなることを期待したい。

第一次W杯トレーニングスコッド(FW)24選手

PO 名前 所属 身長/体重 cap
PR1 ◯稲垣啓太  パナソニック  186/116 19
◯三上正貴 東芝 178/114 33 
石原慎太郎 サントリー  181/105
PR3 ヴァルアサエリ愛 パナソニック 187/115 3
浅原拓真 東芝 179/113
須藤元樹 サントリー 173/110 2
具智元 ホンダ 183/122
HO 坂手淳史 パナソニック 180/104  10 
庭井祐輔 キヤノン 174/102
◯堀江翔太 パナソニック 180/104 55 
LO アニセサムエラ キヤノン 198/118
※グラント・ハッティング 神戸製鋼 201/112 – 
ヘル・ウヴェ ヤマハ 193/115
◯真壁伸弥 サントリー 192/126 36 
※ジェームス・ムーア サニックス 195/108 – 
FL/8 ※ベン・ガンター パナソニック 195/118 – 
徳永祥尭 東芝  185/100  8
◯アマナキ・レレイ・マフィ NTTコム 189/112  19 
※ピーター・ラブスカフニ クボタ 189/105  – 
布巻峻介 パナソニック 178/96 5
西川征克 サントリー 181/95 – 
◯リーチマイケル 東芝 189/105 53 
姫野和樹 トヨタ 187/108

※は現在代表資格を持っていないがW杯日本大会までに資格を取得する選手、◯は2015年W杯メンバー

第一次W杯トレーニングスコッド(BK)16選手

PO 名前 所属 身長/体重 cap
SH ◯田中史朗 パナソニック 166/72 64
内田啓介 パナソニック 179/86 22 
茂野海人 トヨタ 170/75
流大 サントリー 166/71
SO ◯田村優 キヤノン 181/91 48 
松田力也 パナソニック 181/92 10 
CTB  ◯立川理道 クボタ 182/95 54 
ウィリアム・トゥポウ コーラ 187/101
中村亮土 サントリー 178/92  11 
ラファエレティモシー  コーラ 186/98
WTB ◯福岡堅樹 パナソニック 175/83 25
◯山田章仁 パナソニック 182/88 23 
シオネ・テアウパ クボタ  183/99
レメキロマノラヴァ ホンダ 177/92
FB 野口竜司 パナソニック 177/86 12 
◯松島幸太朗 サントリー 178/87 28 

トップリーグチーム別の選出人数

パナソニック 12名
サントリー 7名
東芝 4名
キヤノン 3名
クボタ 3名
ホンダ 2名
トヨタ 2名
コーラ 2名
神戸製鋼 1名
NTTドコモ 1名
ヤマハ 1名
サニックス 1名
NTTコム 1名

リコー、NEC、豊田織機、日野自からの選出はなし。

ラグビー世界ランキング2018年12月最新版!1位NZ、2位アイルランド、日本は11位

2016.06.13