スーパーラグビー2018第11節ベストフィフティーン!ハッティングが選出!

ヴィンス・アソ

スーパーラグビー第11節ベストフィフティーン

スーパーラグビー公式サイトで第11節のベストフィフティーンが発表された。

サンウルブズはハリケーンズに15-43で敗れたものの、LO4グラント・ハッティングが選出された。

ハッティングは第11節全チーム最多となる17キャリーを記録、ラインアウトでは9回ボールを確保、その内スティールも1回獲得したことなどが評価された。

ここ数試合、201cmの高身長を活かしたラインアウトだけでなくフィールドプレーでも活躍、近く日本代表要件を満たすとされており、代表でも中心選手として活躍する姿を見ることができそうだ。

対戦したハリケーンズからは、19/21タックルを成功させたFL7アーディー・サヴェアと、12キャリーでクリーンブレイク5回、103m、トライとトライアシストそれぞれ2回を記録したヴィンス・アソが選ばれ、アソは第11節のMVPに輝いた。

その他では今季三菱重工に新加入するジョーダン・タウファ(クルセイダーズ)も選ばれている。

第11節スーパーラグビーベストフィフティーン

ポジション  選手  チーム 
PR1  JP・スミス レッズ
HO  マルコム・マークス ライオンズ
PR3  ナウエル・テタス・チャパロ ジャガーズ 
LO4  グラント・ハッティング サンウルブズ 
LO5  ピーター=ステフ・デュトイ ストーマーズ
FL6 エリオット・ディクソン ハイランダーズ
FL7  アーディー・サヴェア ハリケーンズ 
No.8 ジョーダン・タウファ クルセイダーズ 
SH  デヴァルト・デュヴェナカ ストーマーズ
SO ハンドレ・ポラード ブルズ 
WTB11 フィリポ・ダウングヌ  レッズ
CTB12 ヴィンス・アソ ハリケーンズ
CTB13 ジェシー・クリエル ブルズ
WTB14 マナサ・マタエレ クルセイダーズ
FB ウォリック・ヘラント  ブルズ

スーパーラグビー2018順位・試合日程・結果

2018.02.26