スーパーラグビー2018第10節ベストフィフティーン!マフィ(レベルズ)が選出!

スーパーラグビー

スーパーラグビー第10節ベストフィフティーン

スーパーラグビー公式サイトで第10節のベストフィフティーンが発表された。

サンウルブズを33-11で破ったクルセイダーズ(NZ)からWTBマナサ・マタエレが選出、11キャリーでクリーンブレイク3回、オフロード2回、85メーターで1トライの活躍だった。

今季も開幕から好調をキープしている日本代表のマフィも(レベルズ)選ばれた。

マフィは第10節のスタッツでそれぞれ最多となる22キャリー、121メーター、オフロード5回を記録、チームはブルズ(南ア)に10-28で敗れたものの、存在感を発揮した。

MVPはシャークスのFLジャン=ルック・デュプレアで、14タックル、1トライとったことなどが評価された。

スーパーラグビーは全19節のうち10節が終了、日本のサンウルブズは8連敗とまだ勝ち星がないが、残りの8試合で昨年の2勝を上回る3勝を目指したいところ。

第10節スーパーラグビーベストフィフティーン

ポジション  選手  チーム 
PR1  スティーヴン・キッツォフ ストーマーズ
HO  マルコム・マークス ライオンズ
PR3  トーマス・デュトイ シャークス
LO4  マット・フィリップ レベルズ
LO5  タイラー・アードロン チーフス
FL6 シャノン・フリゼル ハイランダーズ
FL7  ジャン=ルック・デュプレア シャークス
No.8 アマナキ・レレィ・マフィ レベルズ
SH  マイケル・ルル レベルズ
SO ニコラス・サンチェス ジャガーズ
WTB11 リーコ・イオアネ ブルーズ
CTB12 サム・ケレヴィ レッズ
CTB13 ルカンヨ・アム シャークス
WTB14 マナサ・マタエレ クルセイダーズ
FB ウォリック・ヘラント  ブルズ

スーパーラグビー2018順位・試合日程・結果

2018.02.26