トップリーグ2018大会概要とスケジュール

秩父宮ラグビー場

トップリーグ2018大会概要とスケジュール

トップリーグは2018年度の大会概要を発表した。

2018年は8月31日(金)に開幕、レッド8チーム/ホワイト8チームの各カンファレンス総当たりで10月20日(土)までに7試合を行う。

そして12月にそれぞれのカンファレンス上位4チームの計8チームが1位〜8位順位決定トーナメントへ、下位4チームが9位〜16位順位決定トーナメントにて3試合を行い順位を決定する。

1位〜8位順位決定トーナメントは日本選手権も兼ねて行われる。

これまでのようにトップリーグ最下位チームの「自動降格」とトップチャレンジリーグからの「自動昇格」はなく、トップリーグ13位〜16位のチームがトップチャレンジ1位〜4位との入替戦を行い、勝者が2019年度にトップリーグでプレーを行う。

サンウルブズの練習期間確保とW杯に向けての強化のため、このように日程と試合数が例年よりも大幅に減少するが、代表以外の選手がプレーする機会を設けるため、11月に「カップ戦」にて各チーム3試合行い、さらに1月にトーナメント形式にてカップ戦の順位決定戦を行う。

試合はW杯会場にもなる釜石の鵜住居復興スタジアム(新設)や熊谷ラグビー場(改修)でも開催されるが、同じく改修中の花園では試合は行われない。

2018年度は2019年9月に日本で開催されるW杯前年の大会。熱戦を期待すると共に、W杯本番に向けて機運を高めていきたい。

トップリーグ2018カンファレンス組み分け

レッドカンファレンス ホワイトカンファレンス
サントリー(1位) パナソニック(2位)
トヨタ(4位) ヤマハ(3位)
神戸製鋼(5位) 東芝(6位)
NEC(8位) リコー(7位)
NTTコム(9位) キヤノン(10位)
豊田織機(12位) クボタ(11位)
宗像サニックス(13位) コカ・コーラ(14位)
日野自動車(昇格) Honda(昇格)

10月までに同カンファレンス内のチームと総当たり7試合を行い、12月にそれぞれのカンファレンス上位4チームによる1位〜8位順位決定トーナメント、下位4チームによる9位〜16位順位決定トーナメントにて総合順位を決定する。

トップチャレンジリーグ2018

NTTドコモ、近鉄、三菱重工相模原、九州電力、マツダ、中国電力、釜石、栗田工業

トップリーグ2018「カップ戦」プール分け

プールA プールB プールC プールD
サントリー(1位) パナソニック(2位) ヤマハ(3位) トヨタ(4位)
リコー(7位) NEC(8位) 神戸製鋼(5位) 東芝(6位)
NTTコム(9位) キヤノン(10位) クボタ(11位) 豊田織機(12位)
Honda(昇格) 日野自動車(昇格) 宗像サニックス(13位) コカ・コーラ(14位)

11月のウインドウマンスに同プール内総当たりで3試合を行い、1月に各プール1位(2位、3位、4位のチームも同様)の計4チームによるトーナメントを2試合 を行う。

トップリーグ2018全試合日程(カップ戦含)

2018.04.19