スーパーラグビー2018第8節ベストフィフティーン!姫野とリトルが選出!

ベストフィフティーン

スーパーラグビー第8節ベストフィフティーン

スーパーラグビー公式サイトで第8節のベストフィフティーンが発表された。

サンウルブズはワラターズに29-50で敗れたものの、NO.8姫野とCTB12リトルの2名が選出された。

姫野はNo.8としてスーパーラグビーで初めてプレーしたものの、11キャリーでクリーンブレイクとディフェンス突破3回ずつ、57メーター、ミスなく9タックル成功させトライをとったことが評価された。

リトルはトライアシスト2回、クリーンブレイク3回、132メーター走り1トライとったことが選考理由に。リトルはここ数試合素晴らしい活躍を続けている。

ワラターズからはCTB13カーティス・ロナが選ばれた。

MVPはライオンズ(南ア)のWTB11マドシ・タンブェ。

タンブェは出場時間が53分ながら、ストーマーズ戦で4トライをとるなど大活躍、文句なしのMVPに。

第8節スーパーラグビーベストフィフティーン

ポジション  選手  チーム 
PR1  テンダイ・ムタワリラ シャークス 
HO  フォラウ・ファインガア ブランビーズ
PR3  アンガス・ターヴァオ チーフス
LO4  ブロディー・レタリック チーフス
LO5  ロリー・アーノルド ブランビーズ
FL6  クワッガ・スミス ライオンズ
FL7  ピーター=ステフ・デュトイ ストーマーズ
No.8  姫野和樹 サンウルブズ
SH  ジョナサン・ルル ブルーズ
SO ロバート・デュプレア シャークス
WTB11  マドシ・タンブェ ライオンズ
CTB12 マイケル・リトル サンウルブズ
CTB13  カーティス・ロナ ワラターズ
WTB14  マナサ・マタエレ クルセイダーズ 
FB  ジョーディー・バリット ハリケーンズ

姫野和樹(花園から世界へ)

スーパーラグビー2018最終順位と全試合結果

2018.02.26