スーパーラグビー2018第7節ベストフィフティーン!マフィ(レベルズ)が選出!

アマナキレレイマフィ

スーパーラグビー第7節ベストフィフティーン

スーパーラグビーの公式サイトで第7節のベストフィフティーンが発表された。

MVPに輝いたのはお馴染みのダミアン・マッケンジー(チーフス)。

マッケンジーはハイランダーズ戦でトライこそとれなかったものの、14キャリーでディフェンス突破は驚異的な「14」を記録、さらにゴールキックを5本全て成功、タックルも10/11決めて勝利(27-22)に貢献、2週連続でMVPに選出された。

日本代表のマフィ(レベルズ)も好調をキープ。

ハリケーンズ戦でNo.8で先発し40分で交代したが、その間に107メーター、ディフェンス突破4回、8タックルと存在感を示しベストフィフティーンに選ばれた。

サンウルブズが7日に対戦するワラターズからはWTBタンゲレ・ナイヤラヴォロが選出。

キャリー10回、110メーター、クリーンブレイク4回で2トライと活躍し、ブランビーズ戦の勝利に貢献。

サンウルブズとしてはこの大型WTB(195cm/123kg)をスピードが乗る前に止めて大きなゲインを阻止し、さらにオフロードにも注意したい。

第7節スーパーラグビーベストフィフティーン

ポジション  選手  チーム 
PR1  スティーヴン・キッツォフ ストーマーズ 
HO  アドリアーン・ストラウス ブルズ
PR3  アラン・アラアラトア ブランビーズ 
LO4  パトリック・トゥイプロトゥ ブルーズ
LO5  サム・ホワイトロック クルセイダーズ 
FL6  フィリップ・ファンデルヴァルト シャークス 
FL7  ジャン=ルック・デビュプレア シャークス
No.8  アマナキ・レレィ・マフィ レベルズ
SH  ウィル・ゲニア レベルズ 
SO ダミアン・マッケンジー チーフス
WTB11  ベン・ラム ハリケーンズ
CTB12 ダミアン・デアリエンディ ストーマーズ 
CTB13  アントン・レイナートブラウン チーフス
WTB14  タンゲレ・ナイヤラヴォロ ワラターズ 
FB  マイケル・コリンズ  ブルーズ 

タンゲレ・ナイヤラヴォロ(Taqele Naiyaravoro)

スーパーラグビー2018最終順位と全試合結果

2018.02.26