「スーパーラグビー」とは?日本のプロチーム「サンウルブズ」とは?

スーパーラグビー

「スーパーラグビー」&「サンウルブズ」とは?

スーパーラグビー(Super Rugby)とはNZ、オーストラリア、南アフリカ、アルゼンチン、日本の5か国、計15のプロラグビーチームにて2月〜8月にかけて開催される国際ラグビーリーグのこと。

1996年に南半球(NZ、豪、南ア)の3か国12チームによる「スーパー12」に始まり、2006年には新たに2チームが参加し名称も「スーパー14」へ、2011年にはさらに1チームが参戦し「スーパーラグビー」に変更となった。

そして2016年には日本の「サンウルブズ(Sunwolves)」の他、アルゼンチンの「ジャガーズ(Jaguares)」など3チームが新たに参戦し合計18チームにて開催。

2018年からは南ア2、豪1の3チームが削減され15チームにて戦いが行われる。

常に世界のラグビー界をリードしてきたW杯連覇中のNZ、2度の優勝経験があるオーストラリアと南アフリカ、2015年W杯では4位に入ったアルゼンチンのほとんどの代表選手が、このスーパーラグビーのチームでプレーしており、非常にレベルの高い試合が繰り広げられる。

日本においては年間の代表テストマッチが6試合程度と限られている中、スーパーラグビーのレベルの高い試合を通じて、日本代表を強化するという意味合いが強く、サンウルブズは日本代表の選手を中心に構成されている。

2018年からは、日本代表のHCジェイミー・ジョセフがサンウルブズのHCも兼任する。

スーパーラグビー2018「15チーム」

NZ 南ア
ブルーズ ブランビーズ ストーマーズ
クルセイダーズ レベルズ ブルズ
ハイランダーズ ワラターズ ライオンズ
ハリケーンズ レッズ シャークス
チーフス サンウルブズ ジャガーズ

スーパーラグビーは、NZ、オーストラリア、南アフリカの3カンファレンスに分かれ、日本のサンウルブズは「オーストラリアカンファレンス」に、アルゼンチンのジャガーズは南アフリカカンファレンスに属している。

なお、ジャガーズもほぼ全員アルゼンチン代表の選手で構成されている。

レギュラーシーズンは合計16試合で、各チーム同カンファレンスのチームとホーム&アウェイで計8回対戦、残りの8試合は別の2つのカンファレンスのチームと4試合ずつ対戦する。

優勝を争う決勝トーナメントには各カンファレンス1位の3チームと、3チームを除いた勝点上位5つのワイルドカードチームの計8チームが出場する。

スーパーラグビーにおいてもNZのチームが強い。

クルセイダーズ(NZ)が優勝回数8回と最も多く、ブルーズ(NZ)、ブルズ(南ア)の3回、チーフス(NZ)、ブランビーズ (豪)の2回と続く。

2017年度は決勝でクルセイダーズ(NZ)がライオンズ(南ア)に25-17で勝利し優勝を飾った。

日本のチーム「サンウルブズ」について

サンウルブズ

サンウルブズ(Sunwolves)はリーチ・マイケル、堀江翔太、稲垣啓太、立川理道、山田章仁、松島幸太朗などの日本代表の主力をはじめ、ほとんどが日本代表選手になりうる資格を持っている選手にて構成、つまり準日本代表という位置付けとなっている。

2018年度のメンバーはFW25名、BK19名の計44名が選ばれ、キャプテンはNo8ヴィリー・ブリッツ(Nコム)とSH流大(サントリー)の2人が共同で務める。

2019年ラグビーW杯の日本代表スコッド(31名)は、このサンウルブズの選手を中心に選ばれる。

サンウルブズのスーパーラグビー参戦初年度の成績は1勝1分13敗、2年目の2017年は2勝13敗と厳しいシーズンとなった。

2018年度は海外からの実績十分な選手もチームに加わり、目標である「TOP5」入りを目指す。

TV放送はJsports(スカパー)で生放送される。