Planet Rugbyが選ぶSRプレーオフ準々決勝ベストフィフティーン

ジョーディー・バリット

Planet Rugbyが選ぶプレーオフ準々決勝ベストフィフティーン

Planet Rugbyがプレーオフ準々決勝4試合のベストフィフティーンを発表した。

HOでは長い間脳震盪と後遺症に苦しみ、ようやく復帰したデイン・コールズ(ハリケーンズ)が選出。

出場したのは後半10分からだったが積極的にボールキャリーしトライアシストを決めるなど活躍。NZ代表でもファーストチョイスに選ばれる選手が復帰したことで、連覇を狙うハリケーンズにとっては大きな力となりそうだ。

LOはお馴染み、NZ代表でもコンビを組むレタリックとホワイトロック。FL7ではクボタにも所属するヤコ・クリエル(ライオンズ)が選ばれた。

CTB12はディフェンス突破6回、クリーンブレイク2回、71メーターと全てにおいてチーム最多を記録したベテランのスティーブン・ドナルド(チーフス)、CTB13ではこの日はセンターでプレーしたジョーディー・バリット(ハリケーンズ)が選出された。

チーム別ではハイランダーズに17-0と完勝したクルセイダーズから最も多い5名が選ばれた結果となった。

スーパーラグビー準々決勝Planet Rugbyベストフィフティーン

ポジション  選手  チーム 
PR1  ジャック・ファンルーエン ライオンズ
HO  デイン・コールズ ハリケーンズ
PR3  アラン・アラアラトア ブランビーズ
LO4  ブロディー・レタリック チーフス
LO5  サム・ホワイトロック クルセイダーズ
FL6  ジョーダン・タウフア クルセイダーズ
FL7  ヤコ・クリエル ライオンズ
No.8  キアラン・リード クルセイダーズ
SH  ブリン・ホール クルセイダーズ
SO リッチー・モウンガ クルセイダーズ
WTB11  ジェームズ・ダーガヴィル ブランビーズ
CTB12 スティーブン・ドナルド チーフス
CTB13  ジョーディー・バリット ハリケーンズ
WTB14  ウェス・フーセン ハリケーンズ
FB  ダミアン・マッケンジー チーフス

Rugby365が選ぶSRプレーオフ準々決勝ベストフィフティーン

2017.07.25