Super Rugbyが選ぶ第17節ベストフィフティーン!MVPはマッケンジー

スーパーラグビー

スーパーラグビーが選ぶ第17節ベストフィフティーン

スーパーラグビー公式サイトで第17節、最終節のベストフィフティーンが発表された。

ブルーズ(NZ)戦でハットトリックを決め、Rugby365Planet Rugbyではベストフィフティーンに選出された、サンウルブズのCTB12ティモシー・ラファエレはこちらでは選ばれなかった。

CTB12で選出されたのはレベルズのリース・ホッジ。ホッジは1T1G5PGを決め22得点を記録、さらに11キャリー、77メーター、2つのクリーンブレイクとアタック面での活躍が評価された。

17節のMVPはお馴染み、チーフスのFBダミアン・マッケンジー。

マッケンジーは15日のブランビーズ戦で、2011年以降のスーパーラグビーでは5人目となる200メーターのゲインを記録、さらにディフェンス突破は10回、クリーンブレイク5回、トライアシスト2回、自らも1トライを決め、28-10の勝利に大きく貢献した。

マッケンジーは今シーズンも絶好調でチームを牽引してきたが、6月のNZ代表ライオンズ戦のテストマッチではスコッド入りすることができなかった。

アタックではスピードとキレがあり、自分でトライを取り切るだけでなく、周りを活かすプレーも絶賛されているが、一方でディフェンスに欠点があるとされている。

小柄ということもあり、FBながら1対1の局面で相手に弾かれたりしてトライを奪われるシーンが何度も。この点をどう向上させるかが、今後オールブラックスに継続的に呼ばれるポイントになりそうだ。

第17節スーパーラグビーベストフィフティーン

ポジション  選手  チーム 
PR1  オクス・ンチェ チーターズ
HO  アグスティン・クレービー ジャガーズ 
PR3  フランス・マルハーバ  ストーマーズ 
LO4  グィド・ペティ ジャガーズ 
LO5  サム・ラウシ ハリケーンズ 
FL6  パブロ・マテーラ ジャガーズ 
FL7  ジェームズ・レンティース ハイランダーズ 
No.8  ニザム・カー ストーマーズ 
SH  ルイ・シュラウダー キングズ 
SO ニコラス・サンチェス ジャガーズ 
WTB11  ジェームズ・ロウ チーフス 
CTB12 リース・ホッジ レベルズ 
CTB13  ジェジー・クリエル ブルズ 
WTB14  サンティアゴ・コルデーロ ジャガーズ 
FB  ダミアン・マッケンジー チーフス 

スーパーラグビー2017最終順位表と選手ランキング

2017.03.14