マフィとラファエレが選出!Planet Rugbyが選ぶSR最終節ベストフィフティーン

マフィ

Planet Rugbyが選ぶ2017最終節ベストフィフティーン

Planet Rugbyがスーパーラグビー第17節のベストフィフティーンを発表した。

Rugby365に続いてサンウルブズのティモシー・ラファエレがCTB12で選出、日本代表のアマナキ・レレイ・マフィ(レベルズ)もNo.8で選ばれた。

なお、Rugby365とPlanet Rugbyの両方で選出されたのはラファエレのみだった。

マフィは2017年シーズンは全試合に出場、レベルズは1勝13敗1分で最下位と低迷したものの、ボールキャリー数2位、メーター9位、タックル数5位にランクインするなど存在感を示した。

レベルズは既に来シーズンの契約をオファー、日本のファンからはサンウルブズでプレーを!との声も多く、来季の去就も注目される。

FLではフォースのマット・ホジソンが選出。ホジソンはスーパーラグビー140キャップ目となったワラタス戦が引退試合で、最後のペナルティキックのキッカーを務めた。

185cm/100kgとFLとしては小柄ながらタックルとブレイクダウンが強く、激しいプレーが持ち味の選手で印象に残る選手だった。

スーパーラグビー第17節Planet Rugbyベストフィフティーン

ポジション  選手  チーム 
PR1  トーマス・デュトイ シャークス
HO  タタフ・ポロタナウ フォース
PR3  タニエラ・トゥポウ レッズ
LO4  グィド・ペティ ジャガーズ
LO5  サム・ラウシ ハリケーンズ
FL6  リーアム・スクワイア ハイランダーズ
FL7  マット・ホジソン フォース
No.8  アマナキ・レレイ・マフィ レベルズ
SH  ロス・クロニエ ライオンズ
SO ダミアン・ヴィレムセ ストーマーズ
WTB11  テヴィタ・リー ハイランダーズ 
CTB12 ティモシー・ラファエレ サンウルブズ 
CTB13  ジョーディー・バリット ハリケーンズ 
WTB14  サンティアゴ・コルデーロ ジャガーズ 
FB  ディリン・レイズ ストーマーズ 

マット・ホジソン

スーパーラグビー2017最終順位表と選手ランキング

2017.03.14