Super Rugbyが選ぶ第16節ベストフィフティーンに松橋周平とマフィが選出!

松橋周平

スーパーラグビーが選ぶ第16節ベストフィフティーン

スーパーラグビー公式サイトで第16節のベストフィフティーンが発表された。

サンウルブズはストーマーズに15-52で完敗したが、サンウルブズからFLの松橋周平が選出。

松橋はボールキャリー8回でディフェンス突破3回、守ってはターンオーバー4回にタックル11回と活躍したことが評価された。

第16節はNZ勢とチーターズ、ライオンズ、シャークスが休みで、5試合しか行われなかったがサンウルブズにとって久しぶりの明るい話題に。

松橋と同じく日本代表のアマナキ・レレィ・マフィ(レベルズ)はNo.8で選ばれた。

マフィは第16節のFWの選手で最多となる100mのゲインを記録、ディフェンス突破は7回、タックルはノーミスで9回成功させ、文句なしの選出だった。

MVPはストーマーズFBのディリン・レイズ。サンウルブズ戦でボールキャリー20回、ゲインは240mで2トライ、3トライアシスト。240mのゲインは2011年以降のスーパーラグビー記録に。

サンウルブズとしてはストーマーズのバックスリーを止めることができなかったのが敗因だったが、特にレイズに自由にプレーさせたたのが痛かった。

第16節スーパーラグビーベストフィフティーン

ポジション  選手  チーム 
PR1  ペック・カウワン フォース
HO  ダミアン・フィッツパトリック ワラタス
PR3  セコペ・ケプ ワラタス
LO4  ピーター=ステフ・デュトイ ストーマーズ
LO5  アダム・コールマン フォース
FL6  パブロ・マテーラ ジャガーズ
FL7  松橋周平 サンウルブズ
No.8  アマナキ・レレィ・マフィ レベルズ
SH  ニック・スターゼイカー レベルズ
SO バーナード・フォーリー ワラタス
WTB11  ダンカン・マシューズ ブルズ
CTB12 ヤン・サーフォンテイン ブルズ
CTB13  ミッチ・インマン レベルズ
WTB14  チェスリン・コルビ ストーマーズ
FB  ディリン・レイズ ストーマーズ

スーパーラグビー2017最終順位表と選手ランキング

2017.03.14