SR第15節サンウルブズはライオンズ(南ア)に7-94で完敗

サンウルブズ

スーパーラグビー第15節、サンウルブズ対ライオンズ

サンウルブズはウインドウマンス明けの試合、ライオンズ戦を南アフリカのヨハネズブルグで迎えた。

1勝11敗のサンウルブズに対しライオンズは12勝1敗と今シーズンも好調、さらに日本代表選手の多くを欠いているサンウルブズに対し、ライオンズは南ア代表選手も含めたベストメンバーを揃えてきた。

サンウルブズにとっては厳しい試合になることが予想されたが、その差は想像以上だった。

前半5分、サンウルブズはスクラムを押されて先制トライを許す

前半5分、サンウルブズは自陣ゴール前でマイボールスクラムを押されボールを奪われるとライオンズSHロス・クロニエに先制トライを許した。

前半からライオンズの一方的な展開に

サンウルブズはスクラムで圧倒され、ラインアウトも確保できず、タックルも決まらずで、前半からほぼ防戦一方の試合に。

前半26分にはライオンズFLクワッガ・スミスにこの日2本目のトライをとられ、スコアは0-28に。

サンウルブズ、前半を0-35とリードされて折り返し

得点差が開いても全く手を緩めないライオンズは前半のラストプレーでもSOエルトン・ヤンチースがトライ。前半はライオンズが35-0と大量リードして折り返した。

サンウルブズは何をやっても上手くいかず混乱している印象。この状況を打破するようなリーダーシップも見られなかった。

後半もライオンズのトライラッシュが続く

後半4分、ライオンズはラインアウトからモールを押し込み、HOアルマンド・ファンデルメルヴァがトライ、リードを広げた。

後半22分、ようやくサンウルブズが最初のトライをあげる

後半11分、13分、18分と立て続けにライオンズにトライを許し、スコアは0-61にまで広がった。

サンウルブズは後半22分にようやく、LOヘル・ウヴェがゴールポスト下にトライ、7-61とした。

後半30分、ライオンズSOファフ・デクラークがトライ

ボールが面白いように繋がるライオンズ、通常はSHのデクラークがSOに入るとディフェンス間を抜いてトライ。さらにライオンズはこの後もアタックを継続、トライを量産した。

試合終了、サンウルブズはライオンズに7-94と歴史的大敗を喫する

ラストプレーはこの試合を象徴するかのようだった。

スクラムを押されながらもなんとかBKに展開、しかしパスが乱れボールを簡単に相手に奪われるとあっさりとトライを許した。

サンウルブズは合計14トライを奪われ、全くいいところなく7-94で完敗。チームはこれで1勝12敗に。

なお、87点差での敗戦はそれまでの2016年チーターズ戦の17-92(75点差)を上回るチームワースト記録となった。

今シーズンは7/9ストーマーズ戦と7/15最終戦のブルーズ戦を残すのみ。この大敗を払拭するような、いい試合を期待したい。

スーパーラグビー2017全試合日程&結果

2017.02.28