NZ代表オールブラックスvsB&Iライオンズ第2戦はライオンズが24-21で勝利!

オールブラックス

NZ代表vsライオンズ第2戦はライオンズが24-21で勝利!

イングランド、ウェールズ、スコットランド、アイルランドのオールスターチーム「ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ」のNZ代表戦第2戦がウェリントンで行われた。

試合会場となったハリケーンズの本拠地ウエストパック・スタジアムは試合前から雨が降ったものの、満員のファンが見守る中、試合開始のホイッスルが鳴った。

NZ代表オールブラックスのハカ「カ・マテ」

リードをとったのはTJ・ペレナラ。

前半23分、NZソニー・ビル・ウィリアムズがレッドカードで退場に

前半23分、NZのCTB12ソニー・ビル・ウィリアムズがライオンズWTB14アンソニー・ワトソンの顔面にショルダーチャージを行い、レッドカードで退場に。

NZは前半の中盤で早くも1人を欠く苦しい展開に。

前半は9-9の同点で折り返し

試合は雨が降っている事もありハンドリングミスやペナルティが多く、ボールがあまり動かない展開に。両チーム共、ペナルティを獲得した際はゴールを狙ってコツコツ得点を重ねた。

前半ラストプレーでライオンズはCTB12オーウェン・ファレルがPKを決め、9-9の同点で折り返した。

後半15分、ライオンズPRヴニポラがシン・ビンに

後半15分、ライオンズPRマコ・ヴニポラがNZボーデン・バリットに対する危険なプレーでイエローカード、シン・ビンに。

ファーストトライはライオンズ!

NZが18-9とリードして迎えた後半20分、ライオンズはNo.8タウルペ・ファレタウがNZのFBイズラエル・ダグにタックルされながらトライ、ライオンズが18-14と4点差に迫った。

後半28分、ライオンズのマレーがトライ!同点に

後半28分ライオンズのHOジェイミー・ジョージが大きく縦突進、そしてSHコナー・マレーがラックからアタックしトライ!21-21の同点に。

後半37分にライオンズがPGで逆転、24-21で勝利!

後半37分にライオンズは敵陣ゴールやや左でペナルティを獲得、CTB12オーウェン・ファレルがきっちりゴールを決め、24-21と逆転した。

そしてそのまま逃げ切りノーサイド。ライオンズはペナルティを多くとられながらも、後半2本のトライを返し、NZ代表戦を1勝1敗とした。

一方、NZはソニー・ビル・ウィリアムズのレッドカードでゲームプランの変更を余儀なくされ、さらにSOボーデン・バリットがペナルティキックを3本外したのが試合結果に響いた。

次の試合、最終戦は7月8日(土)日本時間16:35にキックオフ。対戦成績が1勝1敗となったことで、さらに盛り上がりそうだ。

B&Iライオンズ2017NZ遠征ツアー試合結果速報とハイライト動画

2017.06.13