日本vsアイルランド戦第1戦(@静岡エコパ)の試合結果。日本が22-50で完敗

ラグビー日本代表

ラグビー日本代表、アイルランド代表に22-50で敗れる

日本代表は6月のテストマッチ2試合目、アイルランド代表第1戦を静岡県袋井市のエコパスタジアムで迎えた。

日本代表はホームで主力選手を欠いた若手主体のアイルランド代表との試合とあって、内容にも結果にも拘りたかったが、蓋を開けてみるとアイルランドのプレッシャーは想像以上で前半から防戦一方に。

後半に得意のBKの速いアタックでトライを返したものの、時遅しで厳しい結果となった。

アイルランドがPGで先制、日本は前半14分に田村優がPGを決める

日本代表は前半3分にアイルランドSOパディー・ジャクソンにPGを決められ、さらに11分にはマイボールスクラムからボールを奪われ、WTBキース・アールズにトライを許し0-10とリードされる立ち上がりに。

しかし、前半14分にSO田村優がPGで3点を返し3-10とした。

前半24分、28分にアイルランドFLダン・リーヴィーが連続トライ

日本は前半24分にPR3伊藤平一郎が相手のアタックを妨害するハンドの反則を取られシンビン(10分間の一時退場)に。

すると、その直後にFLダン・リーヴィーに2本連続でトライをとられ、スコアは3-24と広げられた。

前半31分、アイルランドNo.8ジャック・コナンがトライ、日本を突き放す

前半31分には大外にいたWTBキース・アールズが大きくゲイン、サポートしたNo.8ジャック・コナンがパスを受けトライ。

前半はアイルランドが4T、4G、1Pで31点、一方日本はノートライで1Pの3点のみに終わり、3-31と大きくリードを許しての折り返しとなった。

後半20分に日本はFB野口竜司のトライで1本返す

前半に大量リードを許した日本代表、後半は先にトライをとりたかったが、後半5分にツイヘンドリックが落としたボールをNo.8ジャック・コナンに拾われトライを許しスコアは3-38に。

しかし、20分に唯一の大学生、FB野口竜司が相手DFをかわしてトライ!松田力也のキックも成功し10-38とした。

さらにアイルランド代表に2トライを献上、突き放される

後半25分、アイルランド注目の若手選手CTBギャリー・リングローズにトライを奪われると、32分にはWTB11キース・アールズがDFをかいくぐってトライ、エコパに詰め掛けたファンが静まり返った。

最後にWTB福岡堅樹、SH流大のトライで一矢報いる

勝負は決しているものの、後半36分にWTB福岡堅樹がステップで相手をかわしてトライ。

さらに、38分にはリーチ、福岡とつないでサポートで内に入ってきたSH流大がトライ、松田力也のコンバージョンも成功し22-50として、ノーサイドとなった。

アイルランド代表は基本に忠実なプレーを継続、特に前半はミスなくプレーし、ディフェンスにも穴がなく日本はスクラムでも圧倒され、なす術がなかった。

後半に一時10-50と40点もリードされながら、最後に福岡と流がトライをとったのが日本のファンにとってはせめてもの救いに。

スクラムで圧倒されたことが最大の敗因となった厳しい試合だった。これまでのアイルランド戦の通算成績は日本の8敗に。

次は6月24日(土)14:40〜東京の味の素スタジアムでアイルランドと再戦する。

ラグビー日本代表2017年6月の試合

日にち 対戦 時間 会場
6月10日(土) ◯日本 33-21 ルーマニア(16位) 14:40 熊本・えがお健康
6月17日(土) 日本 22-50 ◯アイルランド(4位) 14:00 静岡・エコパ
6月24日(土) 日本 vs アイルランド(4位) 14:40 東京・味スタ

6月24日(土)日本代表vsアイルランド代表(東京味の素スタジアム)について

2017.05.18

日本代表vsアイルランド代表第1戦(静岡エコパ)の日本代表選手採点と評価

2017.06.18