茂野海人(サンウルブズ、日本代表キャップ6)がNECを退部へ

茂野海人

茂野海人(サンウルブズ、日本代表キャップ6)がNECを退部へ

NECグリーンロケッツは2013年度からNECでプレーしているSH茂野海人の退団を発表した。

NECは2016年シーズン終了後にFL村田毅(日野自動車)、SO田村優(キヤノン)ら代表キャップを有する主力選手が移籍、さらに茂野が続くことになった。

茂野は2015年にNZのオークランド代表でプレーし、2016年にサンウルブズに選出されると主力として活躍、さらに日本代表にも選ばれこれまでにキャップを6保有している。

しかし今シーズンサンウルブズでは田中史朗、内田啓介、矢富勇毅に続く4番目のSHとしての立場で試合出場は3試合にとどまっている。

6月の日本代表スコッド(代表メンバーはこちら)にも選出されなかった。

日本ではSHの競争が非常に激しく、田中、内田、矢富の他にもサントリーの流大、日和佐篤ら実力のある選手が多い。

NECは日本人選手のプロ契約を認めておらず、ラグビーに専念できるプロ選手としてプレーできるチームへの移籍を模索するものと思われる。

2019年W杯まで残りは2年ちょっと、自国開催のW杯でプレーするため選手間の競争も厳しくなってきた。

選手がレベルアップするため、自分にとってよりよい環境でプレーする場を求めるのを応援したい。

日本代表から立川理道、山田章仁が離脱し山中亮平と尾﨑晟也が招集

2017.06.11