Super Rugbyが選ぶ第15節ベストフィフティーン。MVPはジェームズ・ロウ

ジェームズ・ロウ

スーパーラグビーが選ぶ第15節ベストフィフティーン

スーパーラグビー公式サイトで第15節のベストフィフティーンが発表された。

MVPに輝いたのはチーフスのWTBジェームズ・ロウ(187cm/101kg/24歳)。

ワラタス戦でキャリー16回、ディフェンス突破4回、クリーンブレイク5回、179メーターでハットトリック、さらにトライアシスト1回と凄まじい活躍ぶりだった。

なおジェームズ・ロウは今シーズン終了後にアイルランドの「レンスター」に移籍する事が決まっている。

Planet RugbyRugby365、スーパーラグビー公式全てで選出されたのは、WTB11ジェームズ・ロウ、WTB14ワイサケ・ナホロ、FBダミアン・マッケンジーのNZ勢3名となった。

スーパーラグビーは今後6月9日(金)にハリケーンズvsチーフス戦が行われテストマッチ期間のための中断期間に。

次節は7月1日(土)から再開、8チームによるプレーオフは7月21日(金)にスタート、8月5日(土)に2017年シーズンのチャンピオンが決定する。

第15節スーパーラグビーベストフィフティーン

ポジション  選手  チーム 
PR1  ロニ・ウヒラ ハリケーンズ 
HO  アンドリュー・レディ  レッズ 
PR3  タニエラ・トゥポウ レッズ 
LO4  ルーク・ロマノ クルセイダーズ 
LO5  ジェラード・トゥイオティマリナー ブルーズ 
FL6  ミッチェル・ブラウン チーフス 
FL7  クリス・アルコック ブランビーズ 
No.8  ルーク・ホワイトロック ハイランダーズ  
SH  TJ・ペレナラ ハリケーンズ 
SO バーナード・フォーリー ワラタス 
WTB11  ジェームズ・ロウ チーフス 
CTB12 ライアン・クロッティ クルセイダーズ 
CTB13  アントン・レイナートブラウン  チーフス 
WTB14  ワイサケ・ナホロ ハイランダーズ 
FB  ダミアン・マッケンジー チーフス 

ジェームズ・ロウ(James Lowe)

Rugby365が選ぶスーパーラグビー2017第15節ベストフィフティーン

2017.06.06