Planet Rugbyが選ぶスーパーラグビー第15節ベストフィフティーン

planetrugby

Planet Rugbyが選ぶ第15節ベストフィフティーン

Planet Rugbyがスーパーラグビー第15節のベストフィフティーンを発表した。

なお、6月第1週の週末に行われた第15節はNZとオーストラリアカンファレンスの10チーム5試合で、南アカンファレンスの8チームは中断期間に入っている。

SOで選出されたのはクルセイダーズのSOミッチェル・ハント。後半17分から途中出場し、ラストプレーで↓の45mのサヨナラドロップゴールを決めてクルセイダーズ14連勝の立役者となった。

ハントはまだ21歳で将来オールブラックス入りも期待されている若手の有望株、今後の活躍にも期待。

他に選出された選手は、ロマノ、カーバーロー、ジェームズ・ロウ、ラウマペ、ナホロ、マッケンジーなどのベストフィフティーン常連のNZ組。

第15節、5試合中3試合はNZ勢vsオーストラリア勢の対戦で3試合全てNZ勢が勝利した。オーストラリアカンファレンスからも活きのいい若手選手の台頭が待ち望まれている。

スーパーラグビー第15節Planet Rugbyベストフィフティーン

ポジション  選手  チーム 
PR1  ロニ・ウヒラ ハリケーンズ
HO  ネイサン・ハリス チーフス
PR3  セコペ・ケプ ワラタス
LO4  ルーク・ロマノ クルセイダーズ
LO5  ジェラード・トゥイオティマリナー ブルーズ
FL6  ミッチェル・ブラウン チーフス
FL7  クリス・アルコック ブランビーズ 
No.8  ルーク・ホワイトロック ハイランダーズ 
SH  タウェラ・カーバーロー チーフス 
SO ミッチェル・ハント クルセイダーズ 
WTB11  ジェームズ・ロウ チーフス 
CTB12 ンガニ・ラウマペ ハリケーンズ 
CTB13  レネ・レンジャー ブルーズ 
WTB14  ワイサケ・ナホロ ハイランダーズ 
FB  ダミアン・マッケンジー チーフス 

ミッチェル・ハント(Mitch Hunt)

Rugby365が選ぶスーパーラグビー2017第15節ベストフィフティーン

2017.06.06