Super Rugbyが選ぶ第14節ベストフィフティーン。マフィが2週連続で選出!

アマナキ・レレィ・マフィ

スーパーラグビーが選ぶ第14節ベストフィフティーン

スーパーラグビー公式サイトで第14節のベストフィフティーンが発表された。

先週に続いて日本代表のマフィ(レベルズ)がNo.8で選出。

マフィはクルセイダーズ(NZ)戦で14キャリー、クリーンブレイク3回、オフロード2回、13タックルを決めトライアシスト1回の活躍。ボールを持って走った距離129mは第14節のFWの選手の中では2番目だった。

マフィは今シーズン12試合全てに先発、一時的な負傷交代を除くと11試合でフル出場、さらにここに来て絶好調で疲労の心配があるものの、6月の日本代表戦でも活躍してくれそうだ。

MVPはクルセイダーズFBデイヴィッド・ハヴィリ(184cm/95kg/22歳)。ボールキャリー18、ディフェンス突破はなんと10回、クリーンブレイク4回で191m、1トライ、1アシスト。チームはレベルズに41-19で勝利し開幕から負けなし13連勝。

サンウルブズが対戦したチーターズからはHOファンヤースフェルト、FLウザイア・カシーム、SOダニエル・マレーが選出、フォース戦でタックルをノーミスで18回決めたジョージ・スミス(レッズ)も選ばれた。

Planet Rugby、Rugby365、スーパーラグビー公式の全てで選出されたのは、SHのTJ・ペレナラとFBデイヴィッド・ハヴィリの2人。

第14節スーパーラグビーベストフィフティーン

ポジション  選手  チーム 
PR1  トーマス・デュトイ シャークス 
HO  トルステン・ファンヤースフェルト チーターズ 
PR3  シアテ・トコラヒ  ハイランダーズ 
LO4  エベン・エツベス ストーマーズ 
LO5  ルード・デヤハー ブルズ 
FL6  ウザイア・カシーム チーターズ 
FL7  ジョージ・スミス レッズ 
No.8  アマナキ・レレィ・マフィ レベルズ 
SH  TJ・ペレナラ ハリケーンズ 
SO ダニエル・マレー チーターズ 
WTB11  リーコ・イオアネ ブルーズ 
CTB12 リチャード・バックマン  ハイランダーズ 
CTB13  セタ・タマニヴァル クルセイダーズ 
WTB14  ワイサケ・ナホロ ハイランダーズ 
FB  デイヴィッド・ハヴィリ クルセイダーズ 

TJ・ペレナラ(TJ Perenara)

スーパーラグビー2017最新順位表と選手ランキング

2017.03.14