スーパーラグビーで活躍する若手選手特集!なんと10代の選手も

ジョーディー・バリット

スーパーラグビーで活躍する若手選手特集!

スーパーラグビー2017年シーズンは早くも後半戦に突入、プレーオフへの進出をかけて上位争いも白熱してきた。

今シーズンにスーパーラグビーデビューした選手や、10代後半から20代前半の若手選手も多く活躍し、各チームに活力をもたらしている。

日本では一般的に高校→大学→トップリーグという流れができているが、海外の場合は高校卒業後にプロラグビー選手になるケースや、大学に在籍しながらプレーする選手、またはアカデミーから引き上げられてプレーする選手など様々なルートがある。

そのため、日本では大学生に相当する22歳以下の選手でスーパーラグビーでプレーしている選手は皆無だが、海外であれば実力さえあれば年齢に関わらずプレーすることが可能だ。

そこで、現在スーパーラグビーで活躍する一部の若手選手をピックアップしてみた。

対象となるのは、1995年4月1日以降に生まれた選手で、日本でいえば現在の大学4年生以下の世代。

日本では4月、5月のアジアラグビーチャンピオンシップで堀越康介(帝京大4年)や鹿尾貫太(東海大4年)が現役大学生ながらプレーして注目されたが、世界に目を向けると同世代、または下の世代ですでにスーパーラグビーでプレーしている選手は珍しくない。

リーコ・イオアネ(ブルーズ)

リーコ・イオアネ(Rieko Ioane)/NZ出身/CTB・WTB/身長188cm、体重103kg/20歳/ブルーズ

速くて強くセブンズ代表でも活躍、2016年にはNZ代表デビューを果たした。兄のアキラもブルーズに所属。父のエディーがかつて日本のリコーで4年間プレーしており、その縁から息子に日本の名前をつけたとのこと。

ショーン・スティーヴンソン(チーフス)

ショーン・スティーヴンソン(Shaun Stevenson)/NZ出身/WTB・FB/身長190cm、体重90kg/20歳/チーフス

2016年に19歳でスーパーラグビーデビュー、2017年2月に開催されたブリスベン・グローバル・テンズ2017で大活躍しチーフスを初代王者に導いた。オフロードやキレのあるステップで相手を抜き去りるプレーが魅力的な選手。

ダミアン・マッケンジー(チーフス)

ダミアン・マッケンジー(Damian Mckenzie)/NZ出身/FB/身長175cm、体重81kg/22歳/チーフス

プレースキックの際の微笑みで日本のラグビーファンにもすでに知られた選手。

小柄ながらチーフスではFBで出場を続け、スーパーラグビーのスタッツランキングではキャリー数やディフェンス突破数などアタック系のスタッツで軒並みランクイン、若くしてチームの中心選手に。2016年にNZ代表デビューを果たした。

マナサ・マタエレ(クルセイダーズ)

マナサ・マタエレ(Manasa Mataele)/フィジー出身/WTB/身長185cm、体重100kg/20歳/クルセイダーズ

フィジーでは走り幅跳びや短距離走でも活躍、高い身体能力をラグビーでも発揮し、今シーズンスーパーラグビーデビュー。サンウルブズ戦ではハットトリックを達成した。近い将来にフィジー代表orNZ代表でもプレーする姿を見ることができそうだ。

ジョーディー・バリット(ハイランダーズ)

ジョーディー・バリット(Jordie Barrett)/NZ出身/FB/身長196cm、体重96kg/20歳/ハリケーンズ

兄のスコットとボーデンは既にNZ代表でも活躍、近くジョーディーも代表選出間違いなしとされている。ハリケーンズでは今シーズンにスーパーラグビーデビューながらプレースキックも担当、得点ランキングでは7位、オフロード数では3位につけている。

カーウィン・ボッシュ(シャークス)

カーウィン・ボッシュ(Curwin Bosch)/南ア出身/FB・SO/身長180cm、体重80kg/19歳/シャークス

2017年スーパーラグビー第12節を終えた段階で得点ランキング1位。

残念ながら5月20日サンウルブズ戦はU20南ア代表に合流するためプレーはしないが、弱冠19歳ながらシャークスでは怪我のパトリック・ランビーに代わってSOでチームを牽引、南アでは最も期待されている若手選手の一人。

ジャン=ルック・デュプレア、ダニエル・デュプレア(シャークス)

ジャン=ルック・デュプレア(Jean-Luc du Preez)/南ア出身/FL/身長194cm、体重113kg/21歳/シャークス

ダニエル・デュプレア(Daniel du Preez)/南ア出身/FL、No.8/身長196cm、体重112kg/21歳/シャークス

双子の兄弟で、父はシャークスのHC、兄もストーマーズでプレーというラグビー一家。双子揃って南アフリカ高校代表、U20代表でも活躍しシャークスへ。体が大きくて強く、激しいプレーが特徴。双子で南ア代表ジャージを着てのプレーも見ることができそうだ。

スーパーラグビー2017最新順位表と選手ランキング

2017.03.14