ラグビーワールドカップ2019出場国全20ヵ国を予想!日本の対戦相手は?

ラグビーワールドカップ

ラグビーW杯2019日本大会の出場全20ヵ国を予想!

ワールドカップでプールAに入った日本の対戦相手はアイルランドとスコットランドの2ヵ国が決定したものの、バンド4とバンド5の国は決定しておらず、今後各地域予選を経て決定される。(各地域予選の詳細、プロセスはこちら

しかし、バンド4,5の8ヵ国も現在進行中の地域予選の途中経過やこれまでの実績、世界ランキングなどからある程度推測することが可能だ。

そこで、ここでは下の表の太字で表示されているバンド4,5の8ヵ国を予想し、予選プール表を仮確定させてみた。

ラグビーW杯2019日本大会予選プール組み合わせ

  プールA プールB プールC プールD
B1 アイルランド(4) NZ(1) イングランド(2)  オーストラリア(3) 
B2 スコットランド(5)  南アフリカ(7)  フランス(6)  ウェールズ(8)
B3 日本(11) イタリア(15) アルゼンチン(9) ジョージア(12) 
B4 欧州予選1位 アフリカ1位 アメリカ大陸1位 オセアニア1位
B5 欧州・オセアニアPO 敗者復活 オセアニア2位 アメリカ大陸2位

※欧州、オセアニア等の地域予選のプロセスはこちらを参照

欧州予選(ヨーロッパ・チャンピオンシップ)は2017年と2018年の総合順位(ジョージア除く)にて決定されるが、2017年度の試合は既に終了、ルーマニアが4勝1敗(勝点19)で1位、2位がスペインで3勝2敗(勝点13)、3位がロシアで2勝3敗(勝点9)という順位に。

この途中経過と実績から欧州予選1位は「ルーマニア(プールA)」となりそうだ。つまり日本と同じ組プールAにルーマニアが入ることに。

続いてオセアニア地区予選は2016年と2017年7月に開催されるパシフィック・ネーションズカップの総合順位にて出場国が決まる。2016年の結果はフィジーが2勝(勝点8)、サモアは1勝1敗(勝点4)、トンガが2敗で(勝点1)となっている。

この状況からオセアニア1位は「フィジー(プールD)」、2位が「サモア(プールC)」となる可能性が高い。

アメリカ大陸1位はアメリカvsカナダの勝者にて決定する。ここはランキングで上位のアメリカが優勢とみて、アメリカ大陸1位は「アメリカ(プールC)」に。

アフリカ大陸1位は2015年W杯でも奮闘したナミビアが実力で抜けており、アフリカカップで優勝する可能性が高いため、アフリカ大陸1位「ナミビア(プールB)」となる。

これでバンド4の4ヵ国が、ルーマニア、ナミビア、アメリカ、フィジーに決定。

アメリカ大陸2位はカナダとウルグアイの対戦か。世界ランキングはウルグアイ(21位)がカナダ(22位)より上だが、体格とパワーで勝るカナダが勝利し、アメリカ大陸2位は「カナダ(プールD)」と予想。

欧州・オセアニアのプレーオフはスペイン(欧州予選2位)vsトンガ(オセアニア3位)の対戦で、実力で勝るトンガが勝利するだろう。結果、「トンガ(プールA)」となり日本と同じ組に。

最後の敗者復活枠。スペイン、ウルグアイとアフリカカップ2位の国、香港の4ヵ国の争いになり、近年力をつけているスペインが勝利するのではと予想。「スペイン(プールB)」にて全チームが確定した。これを表にすると以下の通りに。

ラグビーW杯2019日本大会予選プール組み合わせ(仮)

  プールA プールB プールC プールD
B1 アイルランド(4) NZ(1) イングランド(2)  オーストラリア(3) 
B2 スコットランド(5)  南アフリカ(7)  フランス(6)  ウェールズ(8)
B3 日本(11) イタリア(15) アルゼンチン(9) ジョージア(12) 
B4 ルーマニア(16) ナミビア(19) アメリカ(17) フィジー(10)
B5 トンガ(13) スペイン(18) サモア(14) カナダ(22)

この結果が最終的に判明するのは敗者復活戦が終わる2018年11月となる予定。

ラグビーワールドカップ2019予選プール組み合わせ決定!

2017.05.10