ラグビーワールドカップ2019予選プール組み合わせ決定!

ラグビーワールドカップ

ラグビーW杯2019日本大会の組み合わせ決定!

2019年9月に日本で開催される第9回ラグビーワールドカップ予選プールの組み合わせ抽選会が5月10日に京都迎賓館で開催された。

日本(世界ランキング11位)は「アイルランド(4位)」、「スコットランド(5位)」、「欧州予選1位」、「欧州・オセアニアプレーオフの勝者」と同じ組「プールA」に入った。

世界ランキング1位で2015年大会でW杯2連覇を達成したNZは南アフリカと同じプールB、プールCにはイングランド、フランス、アルゼンチンの強豪3チーム、プールDにはオーストラリア、ウェールズ、強力FWを擁するジョージアが入った。

予選プールでは各チーム総当たりで4試合を行い、5チーム中上位2チームの合計8チームが決勝トーナメントに進出する。

日本はこれまで全大会で予選敗退、2015年W杯では3勝1敗の好成績ながら勝点の差で南アフリカ、スコットランドの次の3位となり決勝進出はならなかった。

次回、自国での2019年大会にて初の決勝トーナメント進出、さらにその上を目指す。

ラグビーワールドカップ2019日本大会予選プール組み合わせ

  プールA プールB プールC プールD
バンド1 アイルランド(4) NZ(1) イングランド(2)  オーストラリア(3) 
バンド2 スコットランド(5)  南アフリカ(7)  フランス(6)  ウェールズ(8)
バンド3 日本(11) イタリア(15) アルゼンチン(9) ジョージア(12) 
バンド4 欧州1位 アフリカ1位 アメリカ大陸1位 オセアニア1位
バンド5 欧州・オセアニアPO 敗者復活 オセアニア2位 アメリカ大陸2位

※()は世界ランキング
※バンド4、5には各地域大会、またはプレーオフを勝ち抜いた国が入る。

ラグビーワールドカップ2019年大会は9月20日に東京の味の素スタジアムで開幕、11月2日に横浜の日産スタジアムで決勝戦が行われる。

全48試合を日本国内で開催、約1ヶ月半の長期に渡り熱戦が繰り広げられる。

今年の秋に試合会場と日程、対戦カードが確定、チケットは年明けに販売され、出場国は2018年11月に全てが決まる予定。

ラグビーW杯組み合わせ抽選会、日本代表にとっては最高の結果に

2017.05.11