ラグビーワールドカップ2019抽選会の抽選方法などのまとめ

京都迎賓館

ラグビーW杯の組分け抽選会が5月10日に京都迎賓会で開催

いよいよ2019年ラグビーワールドカップ日本大会に向けて注目のビックイベントが開催される。

5月10日(水)午後5時から京都迎賓館で第9回W杯予選プールの組み合わせ抽選が行われ、各国の予選での対戦相手が決定、世界中のラグビーファンが固唾を呑んで見守ることになりそうだ。

対戦相手云々ではなく、どのチームと戦っても勝てるチームを目指すべきというのが正しいのだろうが、本音としては予選を勝ち抜いて決勝トーナメントに進出するためにできるだけ勝算の見込める相手と戦いたいもの。

日本はこれまでは全大会で予選敗退に終わっているが開催国として大会を盛り上げるために、なんとしても決勝トーナメントに進出したい。

その行方に大きく関わってくる京都での抽選会、ここではその抽選方法などをまとめてみた。

ラグビーW杯抽選会の「バンド分け」()は世界ランキング

バンド        
1 NZ(1) イングランド(2) オーストラリア(3) アイルランド(4)
2 スコットランド(5) フランス(6) 南アフリカ(7) ウェールズ(8)
3 アルゼンチン(9) 日本(11) ジョージア(12) イタリア(15)
4 オセアニア1位 欧州1位 アメリカ大陸1位 アフリカ1位
5 オセアニア2位 欧州、オセアニアプレーオフ アメリカ大陸2位 敗者復活

2015年W杯予選プールA〜Dの各プール3位に入った12ヵ国は既に2019年W杯への出場切符を手にしている。

その12ヵ国が現在の世界ランキングを元に上記の通りバンド1からバンド3に振り分けられた。

日本は2015年W杯でプールB3位だったので既に出場権を獲得、そして現在の世界ランキングからバンド3に入った。

抽選では出場国20ヵ国をA〜Dのプールに5チームずつ割り振る。予選で強豪同士が同じ組に入ることを防ぐため抽選はバンド毎の抽選となり、同じバンドのチームとは予選で同組となることはない。

つまり、世界ランキング1位のNZと2位のイングランドは予選で対戦することはなく、日本はアルゼンチン、ジョージア、イタリアと同じ組に入ることはない。

バンド1で注目されるのはW杯で2連覇を達成、今も強さが際立つ世界ランキング1位「NZ」の行方。バンド2以下のチームはNZと同じ組に入りたくないというのが本音だろう。

バンド2では「南アフリカ」に注目が集まる。昨年は代表の成績が奮わなかったとはいえ、W杯での優勝回数は2回、大柄な選手が多く優れた若手も台頭、コーチ陣の指導の元、組織力が向上すれば優勝を狙えるだけにバンド1のチームにとっても脅威だ。

バンド3では2015年W杯でベスト4に入った「アルゼンチン」が頭1つ抜けた存在。

バンド4以降は現在開催中の地域予選を勝ち抜いた国が入ることになり、どの国が出場するかは未定だが、フィジー、サモア、トンガ、アメリカ、カナダ、ルーマニアなどが入ってくることが予想される。

日本としては、バンド1はNZ、バンド2では南アフリカとの同組となるのを避けたいところ。

バンド1でアイルランド、バンド2では南ア以外、さらにバンド4以下でフィジー以外の国との対戦となるのが理想的だ。

抽選会のテレビ生放送はNHKで「ニュース シブ5時」に立川理道、田中史朗が出演、Jスポ3には真壁伸弥が出演、インターネットでもJスポオンデマンドやラグビーW杯公式サイト(こちら)で生放送される。

ラグビーワールドカップ2019予選プール組み合わせ決定!

2017.05.10