Rugby365が選ぶスーパーラグビー2017第10節ベストフィフティーン

ダミアンマッケンジー

Rugby365が選ぶスーパーラグビー2017第10節ベストフィフティーン

南アフリカのラグビーメディア、Rugby365がスーパーラグビー第10節のベストフィフティーンを発表した。

サンウルブズが対戦したチーフスからはSOアーロン・クルーデンとFBダミアン・マッケンジーのオールブラックス2人が選出。

特にマッケンジーはボールキャリー15回、ディフェンス突破6回、クリーンブレイク2回、137メーターで2トライとサンウルブズのディフェンスを切り裂いた。

これらのスタッツは全て両チーム最多。たらればを言うと切りが無いがサンウルブズからするとマッケンジーへの対応をしっかりしていれば、違った展開になっていたかもしれない。

なおSANZAARが選ぶ第10節ベストトライ(Try of the Week)にマッケンジーのトライが選ばれている(下に動画)。

低迷が続くオーストラリア勢から唯一選手されたのがワラタスのFLマイケル・フーパー。フーパーはレッズ戦で得意のジャッカルなどでターンオーバー4回、トライもとるなど奮闘しチームの勝利に貢献した。

フーパーは身長182cm、体重101kgと大柄な選手の多いオーストラリアにおいては小柄ながら、運動量豊富でブレイクダウンにも強く、まだ25歳ながら代表キャップを65保有。日本人の第3列の選手も手本にしたい注目の選手だ。

スーパーラグビー第10節Rugby365ベストフィフティーン

ポジション  選手  チーム 
PR1  ジャック・ファンルーエン ライオンズ
HO  リーアム・コルトマン ハイランダーズ
PR3  ロス・ヘルデンハイス キングズ
LO4  アンドリース・フェレーラ ライオンズ
LO5  フランコ・モスタート ライオンズ
FL6  スティーヴン・ルアトゥア ブルーズ
FL7  マイケル・フーパー ワラタス
No.8  リーアム・スクワイア ハイランダーズ
SH  アーロン・スミス ハイランダーズ
SO アーロン・クルーデン チーフス
WTB11  パトリック・オズボーン ハイランダーズ
CTB12 ライアン・クロティ クルセイダーズ
CTB13  ライオネル・マプー ライオンズ
WTB14  ワイサケ・ナホロ ハイランダーズ
FB  ダミアン・マッケンジー チーフス

サンウルブズvsチーフス、マッケンジーのトライシーン

スーパーラグビー2017最終順位表と選手ランキング

2017.03.14