ARC2017第2戦日本代表、韓国代表に80-10で勝利し2連勝

山沢拓也

アジアラグビーチャンピオンシップ2017日本は韓国に2連勝

「アジアラグビーチャンピオンシップ2017(ARC2017)」の第2戦日本代表vs韓国代表の試合が4月29日に秩父宮ラグビー場で行われた。

22日の第1戦では47-29で勝利こそしたものの、タックルは決まらず何度も簡単にトライを取られ課題の多い試合に。(試合の詳細はこちら

「パッションがない!」と怒り心頭のジェイミー・ジョセフ日本代表HCはメンバーを大幅に入れ替えて2戦目に挑んだ。試合登録メンバーはこちら

試合開始直後に日本が先制トライ!

日本は韓国のミスにより陣地を獲得、相手ゴール前のラインアウトからモールで押し込み先制トライ、7-0とした。

前半15分、FL小澤のターンオーバーからWTBロトアヘアがトライ

第1戦でのジョセフHCの評価が高かったのか、FW第2,3列で唯一連続で先発したFL小澤直輝。その小澤の低いタックルからターンオーバー、最後はWTBアマナキ・ロトアヘアがトライを決め12-0とした。

前半20分、キャプテン流がトライ

第1戦の韓国戦で初キャップながらキャプテンに任命されているSH流大。そのキャプテンがペナルティーからの速攻でトライ、17-0とリードを広げた。

前半ラストプレーで韓国にトライを許す

日本は23分、32分にもトライを決め31-0と大きくリード。このまま前半を終えたかったが、ラストプレーでディフェンス間のスペースを走られてトライを許した。前半は31-5とリードし折り返し。

後半スタート、坂手が3分にトライ

後半も日本ペースで試合が進み、HO坂手がゴール下にトライを決めて38-5とした。

後半9分、韓国がペナルティーからトライ

組織的なプレーに難があるものの、一人一人のフィットネスは強い韓国。最後にボールを落としたかに見えたものの、WTBの選手がボールを抑えてトライ。45-10に。

後半26分、WTBアマナキ・ロトアヘアがハットトリック

試合は終盤になるにつれ日本が支配する展開に。後半26分にはWTBアマナキ・ロトアヘアがこの日3本目のトライ、ハットトリックを決めて73-10とした。

最後はHO日野がトライ、日本代表が80-10で完勝

試合終了間際にも日本はFWがラインアウトからモールで押し込み、最後はHO日野剛志がトライ。この日初キャップを獲得した、SO山沢拓也も後半から出場しコンバージョンを5本決め、80-10で勝利した。

欲を言えばノートライに抑えたかったが、許したトライ数は2本と先週の5本から減らすことができた。タックルや1対1でのディフェンスも大きく改善、秩父宮に駆けつけたファン(観客数は7,692人)も満足する試合内容に。

昨年は圧倒したスクラムはこの日も押し込めることができず。また、ボールを持った時には自分たちのプレーができるが、組織的なディフェンスが崩れる時があり、ポッカリと穴が空いてゲインされるケースも。次はこれらの点を改善したい。

次戦は5月6日(土)秩父宮での香港戦、キックオフは14時7分。

男子アジアラグビーチャンピオンシップ2017試合日程と結果

日にち 対戦 時間 場所 スタジアム
4月22日(土) 韓国代表 29-47 ◯日本代表 12:07 仁川  Incheon Stadium
4月29日(土) 日本代表 80-10 韓国代表 14:07  東京  秩父宮ラグビー場
5月6日(土) 日本代表 vs 香港代表 14:07  東京  秩父宮ラグビー場
5月13日(土) 香港代表 vs 日本代表 17:07  香港 Hong Kong Football Club
5月27日(土) 韓国代表 vs 香港代表 12:07  仁川 Incheon Stadium
6月3日(土) 香港代表 vs 韓国代表 17:07 香港 Hong Kong Football Club