サンウルブズ対ハイランダーズ試合結果。サンウルブズ最後に攻めるも15-40で7敗目

サンウルブズ

スーパーラグビー第9節、サンウルブズ対ハイランダーズ(NZ)

サンウルブズはNZ遠征2試合目をNZ南島の最南端にあるインバーカーゴで迎えた。相手は2015年にスーパーラグビーを制したハイランダーズ。

第8節のクルセイダーズ戦では為す術なく3-50で完敗。この試合も厳しい戦いが予想されたが、8節とは異なりサンウルブズが主導権を握り相手を焦らせる時間帯も。

試合はNZの牧歌的な雰囲気が漂う「ラグビー・パーク・スタジアム」で開催された。

ハイランダーズがフェキトアのトライで先制

ディフェンスで粘りたいサンウルブズだったが、次から次へとスピーディーにボールをつなぐハイランダーズの攻撃を止めることができず、NZ代表オールブラックスでも活躍するCTBマラカイ・フェキトアに先制トライを許した。

前半11分、SO田村優のPK成功

前半11分、SO田村優がPKを決めスコアは3-7に。

前半34分、ハイランダーズFLリーアム・スクワイアがトライ

田村がPKを成功させた後は、両チーム共にミスなどがあり試合展開がスローに。しかしハイランダーズがFLスクワイアのトライで均衡を破った。

サンウルブズ、前半を3-21で折り返し

前半最後のプレーでサンウルブズはFBベン・スミスに大きくゲインを許し、最後はSHアーロン・スミスにトライを決められ、3-21で折り返した。

後半2分、ハイランダーズCTBファデスがトライ

後半スタート、するとサンウルブズはゴール前まで押し込まれ、最後はCTBマット・ファデスの速く鋭いランを止めれずにトライを許す。スコアは3-28に。

サム・ワイクスのトライ!かと思われたもののノックオンに。。

攻めるサンウルブズ、LOのサム・ワイクスがインゴールに飛び込んだかに見えたが痛恨のノックオン、トライならず。

ハイランダーズが連続トライ、3-40に

後半10分にファデスにインターセプトからトライを取られ、さらに12分には次々にボールを繋がれ、最後はFBベン・スミスがトライ。

スコアは後半13分で3-40。内容、スコアともに一方的で厳しい展開に。

後半18分、サンウルブズNo.8ブリッツがトライ!

なんとしても1トライ取りたいサンウルブズ。後半18分、No.8ヴィリー・ブリッツがサントリーでもプレーをするLOジョー・ウィーラーかわしてトライ!10-40とした。

後半25分、サンウルブズが連続トライ!

ブリッツがトライを取ってからは流れがサンウルブズに。ボールをキープしてアタックを継続する時間帯が続く。

すると後半25分、SO田村優のロングパスを受けたラーボニ・ウォーレンボスアヤコがトライ、15-40とした。

試合終了、サンウルブズは15-40で敗れる

試合終了、サンウルブズはハイランダーズに15-40で敗れ1勝7敗に。

後半開始直後に立て続けにトライを取られ3-40と一方的になった時には暗雲が立ち込めたが、逆に後半18分以降は自分たちのラグビーを継続、トライも2つとるなど一定の成果をあげることができた。

NZ勢は後半に強く、後半にトライを量産して相手を突き放す試合が多いが、サンウルブズは最後まで諦めることなくハードワークして最後まで強豪に立ち向かった。

とはいえスコア的には大差がつき、勝利にはほど遠い内容。次はハイランダーズよりもアタック力のあるチーフス戦。ディフェンスでなんとか踏ん張り、相手を慌てさせたい。

スーパーラグビー2017第9節ハイランダーズ戦のサンウルブズ選手採点と評価

2017.04.22