日本代表、韓国に47-29で勝利するも課題の多い内容に(ARC2017)

ラグビー日本代表

アジアラグビーチャンピオンシップ2017日本は韓国に勝利

日本、香港、韓国の3ヵ国がホーム&アウェイで対戦する「アジアラグビーチャンピオンシップ2017(ARC2017)」が開幕した。

日本はサンウルブズや海外組を除いた若手主体のメンバーで構成(先発メンバーはこちら)、4月22日にアウェイで韓国代表と対戦した。

昨年は同大会で韓国に対し、85-0、60-3と2試合連続でノートライに抑えての完勝。今回も同様の試合展開を期待したが、気合で勝る韓国に対し日本はミスを連発、厳しい試合となった。

試合開始直後に日本が先制トライ!

試合開始直後の前半1分、日本代表はSO小倉順平のオフロードからCTB中村亮土がトライ、7-0と先制した。

前半7分にLO宇佐美和彦がトライ、リードを広げる

展開力と速さで勝る日本は前半7分にLO宇佐美和彦がラックからのピックアンドゴーでトライ、14-0とリードを広げた。

韓国に2連続トライを許し、リードは2点に

2連続トライで気が緩んだのか、日本は韓国にラインアウトから連続でトライを許し、14-12と2点差に迫られた。

前半24分、WTB野口竜司がトライ

日本は前半19分にCTB中村亮土がトライ、さらに24分には東海大学4年のFB野口竜司がトライを決めリードを広げた。

前半は35-12とリードし折り返し

前半35分に宇佐美が2本目のトライを決め、日本は前半を35-12でリードし折り返した。

点差は開いたもののFWがあっさりとトライを許し、さらに1対1のディフェンスでも相手を止めることができずにゲインを許すなど、消化不良の試合内容に。

後半は韓国のノーホイッスルトライで幕開け

後半に修正を図りたい日本だったが、いきなりノーホイッスルトライを決められ出鼻をくじかれた。スコアは35-19に。

後半7分、さらに韓国にトライを許す

後半7分には、韓国FWの勢いを止めることができずにトライを献上、35-24とリードは11点差に。

日本は2連続トライで再び突き放す

後半10分にFB尾崎のオフロードからWTB野口がトライ、さらに31分にはFWでトライを取って47-24と再びリードを広げた。

最後に韓国が自陣ゴール前から一気にトライ

後半42分のラストプレーで韓国は自陣ゴール前からアタック。日本はタックルを外され、パスを繋がれてトライを許す。今日の試合内容を象徴するかのようなラストプレーに。

試合は日本代表が47-29で韓国代表に勝利

日本は47-29で試合には勝ったものの、スクラムを押すことができず、タックルも決まらず、ハンドリングエラーも目立ち、全くいいところがない試合内容だった。

特にFWはフィジカルで負ける場面が多く、メンバーをよりアグレッシブで気持ちの強い選手への入れ替えを検討した方がいいだろう。

相手がNZ出身のジョン・ウォルターズHCの元で力をつけてきているとはいえ、気持ちも入っておらず今後が心配な戦いぶり。

来週は秩父宮で韓国戦、そして香港戦と大会は続く。今後しっかり立て直して、日本ラグビーの底上げを図りたい。

男子アジアラグビーチャンピオンシップ2017試合日程と結果

日にち 対戦 時間 場所 スタジアム
4月22日(土) 韓国代表 29-47 ◯日本代表 12:07 仁川  Incheon Stadium
4月29日(土) 日本代表 vs 韓国代表 14:07  東京  秩父宮ラグビー場
5月6日(土) 日本代表 vs 香港代表 14:07  東京  秩父宮ラグビー場
5月13日(土) 香港代表 vs 日本代表 17:07  香港 Hong Kong Football Club
5月27日(土) 韓国代表 vs 香港代表 12:07  仁川 Incheon Stadium
6月3日(土) 香港代表 vs 韓国代表 17:07 香港 Hong Kong Football Club

アジアラグビーチャンピオンシップ2017の日本代表スコッド発表!

2017.04.10