Super Rugbyが選ぶ第8節ベストフィフティーン。MVPはボーデン・バリット

スーパーラグビー

スーパーラグビーが選ぶ第8節ベストフィフティーン

スーパーラグビーの公式サイトで第8節のベストフィフティーンが発表された。

MVPはSOボーデン・バリット(ハリケーンズ)。バリットは(2011年以降の)スーパーラグビー歴代2番目の記録となる204mゲインし、ディフェンス突破数はSOとしては最多記録の9回、トライとアシストも決めるなど文句無しの大活躍だった。

チームもブルーズに28-24で勝利している。

Rugby365Planet Rugbyを合わせた3つのメディア全てで選出されたのは、LO4マーク・アボット(ハリケーンズ)、FL7ジョージ・スミス(レッズ)、SOボーデン・バリット(ハリケーンズ)、CTB12ハロルド・フォースター(ライオンズ)の4名。

サンウルブズ戦でハットトリックを達成したWTB11マナサ・マタエレも選ばれた。

なおFW第3列のカイノ(34歳)、スミス(36歳)、リード(31歳)は全員ラグビーではベテランとされる30代。

瞬発力やスピードが求められるBKの選手より、スクラムやブレイクダウンなどの経験を活かすことができるFWの選手の方が長い間活躍できる傾向があるのかも。

第8節スーパーラグビーベストフィフティーン

ポジション  選手  チーム 
PR1  ピエール・スクーマン ブルズ
HO  トルステン・ファンヤースフェルト チーターズ
PR3  アラン・アラアラトア ブランビーズ
LO4  マーク・アボット ハリケーンズ
LO5  ルード・デヤハー ブルズ
FL6  ジェローム・カイノ ブルーズ
FL7  ジョージ・スミス レッズ
No.8  キアラン・リード クルセイダーズ
SH  タウェラ・カーバーロー チーフス
SO ボーデン・バリット ハリケーンズ
WTB11  マナサ・マタエレ クルセイダーズ
CTB12 ハロルド・フォースター ライオンズ
CTB13  サム・マコニコル チーフス
WTB14  ヘンリー・スペイト ブランビーズ
FB  カーマイケル・ハント レッズ

スーパーラグビー2017全試合日程&結果

2017.02.28