Planet Rugbyが選ぶ第8節ベストフィフティーンにレッズのジョージ・スミスが選出

ジョージ・スミス

Planet Rugbyが選ぶベストフィフティーン

Planet Rugbyがスーパーラグビー第8節のベストフィフティーンを発表し、日本のサントリーでもプレーするレッズ(豪)のジョージ・スミスが選出された。

スーパーラグビー出場150試合目のメモリアルな試合となったスミスはキングズ(南ア)戦にFL7で先発、タックル12回、得意のブレイクダウンではターンオーバーを5回成功させトライも取るなどフル出場、攻守にわたって活躍。

試合はレッズが47-34でキングズに勝利した。

なお、同じくサントリーでもプレーする日本代表のツイヘンドリックはFL6で先発、53分にアダム・クローチェクと交代した。昨年全試合で先発出場を果たしたツイはスミスが加入したこともあり出場機会が減少、ここまではリザーブ登録から途中出場という試合が多い。

サンウルブズが対戦したクルセイダーズからは3名選出された。PR1ワイアット・クロケットはスーパーラグビー新記録となる176試合目の出場となり、後半8分に交代でピッチを退く際には地元のファンから大きな拍手で称えられた。

他にクルセイダーズからはHOのベン・ファネルとオールブラックスでキャプテンを務めるNo.8キアラン・リードが選出。

リードは手首の手術から回復しこの試合が今シーズン初の試合。ディフェンス突破4回、クリーンブレイク2回、1トライを取り力を見せつけ、後半8分に退いた。

スーパーラグビー第8節Planet Rugbyベストフィフティーン

ポジション  選手  チーム 
PR1  ワイアット・クロケット クルセイダーズ
HO  ベン・ファネル クルセイダーズ
PR3  トレヴァー・ニャカニ ブルズ
LO4  マーク・アボット ハリケーンズ
LO5  ルード・デヤハー ブルズ
FL6  ルアン・アッカルマン ライオンズ
FL7  ジョージ・スミス レッズ
No.8  キアラン・リード クルセイダーズ
SH  ロス・クロニエ ライオンズ
SO ボーデン・バリット ハリケーンズ
WTB11  メラニ・ナナイ ブルーズ
CTB12 ハロルド・フォースター ライオンズ
CTB13  サム・マコニコル チーフス
WTB14  ヘンリー・スペイト ブランビーズ
FB  カーマイケル・ハント レッズ

ジョージ・スミス(George Smith)

2017年4月16日レッズvsキングズ

スーパーラグビー2017全試合日程&結果

2017.02.28