2016年度ラグビー高校日本代表選手の進学大学一覧

ラグビー

2016年度ラグビー高校日本代表選手の進学先大学

新年度に入り新チームが本格的にスタート、各大学のHPでは新1年生のプロフィール等が順次アップされている。

ここでは3月にアイルランド遠征に参加した2016年度の高校日本代表選手(3年生のみ)24名の進学先を一覧形式でまとめてみた。

高校日本代表選手が最も多く進学したのが明治大学で7名、次いで帝京大学6名となっている。進学先は関東の大学がほとんどで、関西の大学では天理に2名、同志社に1名の計3名となっている。

既に4月に開催されたセブンズの大会に出場している選手もおり、秋の公式戦ではレギュラーとして活躍する選手も出てきそうだ。

大学新1年生(1998年生まれ)は2023年ラグビーW杯の時は24歳、2027年W杯の時は27歳となり、この時には日本代表の主力として活躍する世代。大学、トップリーグとカテゴリーを上げる中で今後選手としてどう成長するか注目したい。

また、現在の日本代表やサンウルブズの選手をみると、高校や大学時代にカテゴリーの代表に選出された経験はなくても、トップリーグで活躍したことにより選ばれている選手も多く、新たな選手の台頭にも期待したい。

2016年度ラグビー高校日本代表選手の進学先大学

ポジション 名前 高校 身長 体重 進学先
PR 遠藤孝一 国学院栃木 182cm 106kg 明治大学
久保優 筑紫 177cm 116kg 早稲田大学
近藤芽吹 新潟工業 175cm 103kg 帝京大学 
清水岳 大阪桐蔭 174cm 100kg 帝京大学 
HO 谷口祐一郎 東海大仰星 178cm  106kg  天理大学
矢吹悠斗 深谷  169cm  95kg  関東学院大学 
LO 久保克斗 国学院栃木 190cm  102kg  帝京大学
髙橋広大  桐蔭学園 184cm 96kg  明治大学
箸本龍雅 東福岡  188cm  112kg  明治大学 
FL/No.8 ファイアラガ望サムエル 常翔学園 175cm  93kg  同志社大学
山田生真  東海大仰星  177cm  89kg  東海大学
吉永純也 東福岡  176cm  93kg  法政大学 
SH 新井駿 深谷   162cm  72kg  法政大学 
土永雷  光泉 168cm  68kg  帝京大学
SO 侭田洋翔 農大二 174cm  74kg  中央大学
WTB/CTB 木村朋也 伏見工 172cm  75kg  帝京大学 
古賀由教  東福岡 175cm  80kg  早稲田大学
齊藤大朗 桐蔭学園  180cm  83kg  明治大学 
根塚洸雅 東海大仰星 173cm  79kg  法政大学
シオサイア・フィフィタ 航空石川  187cm 109kg  天理大学
森勇登 東福岡  172cm  81kg  明治大学
松本健留 大阪桐蔭 176cm  85kg  帝京大学 
FB 猿田湧 秋田工 184cm  85kg  明治大学 
山沢京平 深谷  177cm  79kg  明治大学 

高校生ラガーマンの進路は大学のみ?プロや海外でラグビーをするという選択肢も!

2017.02.10