Super Rugbyが選ぶ第7節ベストフィフティーン。MVPはマッケンジー

スーパーラグビー

スーパーラグビーが選ぶ第7節ベストフィフティーン

スーパーラグビーの公式サイトで第7節のベストフィフティーンが発表された。

MVPに選出されたのははチーフスのFBダミアン・マッケンジー。

Rugby365Planet Rugby、3つのメディア全てで選出された選手は誰もおらず、評価がばらける結果となった。

7節を終えての個人ランキングでは、サンウルブズ戦でもトライを取ったハリケーンズ(NZ)のCTBヴィンス・アソとWTBンガニ・ラウマペが7トライでトライランキング1位。

得点では19歳ながらシャークスの司令塔、SOで活躍しているカーウィン・ボッシュが81点で1位となっている。

今回MVPのマッケンジーは7節終了時でキャリー数2位(91キャリー)、ディフェンス突破回数2位(25回)、メーター数2位(578m)、オフロード数5位(11回)とアタック系のスタッツでランキング上位に入っている。

マッケンジーは175cm、81kgと日本人のBK選手と比較しても小柄ながら若くして(21歳)スーパーラグビーで活躍、昨年は念願のオールブラックスのジャージにも袖を通した。

ディフェンスにやや難があるとされているが、小柄な選手が多い日本人にとっては参考になる選手で、今後の活躍にも期待したい。

第7節スーパーラグビーベストフィフティーン

ポジション  選手  チーム 
PR1  スコット・シオ ブランビーズ
HO  トル・ラトゥ ワラタス
PR3  アラン・アラアラトア ブランビーズ
LO4  ロブ・シモンズ レッズ
LO5  RG・スナイマン ブルズ
FL6  リアム・メッサム チーフス
FL7  クリス・アルコック ブランビーズ
No.8  イシ・ナイサラニ フォース
SH  タウェラ・カーバーロー チーフス
SO ボーデン・バリット ハリケーンズ 
WTB11  ウェス・フーセン ハリケーンズ
CTB12 アンドレ・エスターハイゼン シャークス
CTB13  マット・プロクター ハリケーンズ
WTB14  ジェームズ・ロウ チーフス 
FB  ダミアン・マッケンジー チーフス

スーパーラグビー2017最新順位表と選手ランキング

2017.03.14