Rugby365が選ぶスーパーラグビー2017第5節ベストフィフティーン

クレービー

Rugby365が選ぶスーパーラグビー2017第5節ベストフィフティーン

南アのラグビーメディア、Rugby365が第5節のベストフィフティーンを発表した。

HOではアルゼンチン代表でもキャプテンを務めるアグスティン・クレービー(ジャガーズ)が選出。Rugby365はクレービーを「パワーとスキルでレッズのアタックを防ぎ、世界でベストな選手の一人であることを示した」と評した。

アルゼンチンでクレービーはNZにおけるリッチー・マコウのような偉大な選手として尊敬されている。HOとしてセットプレーの要であるだけでなく、アタックでは得意のオフロードでチャンスメイクし、キャプテンとしてのリーダーシップも抜群。

クレービーの活躍もあり、ジャガーズは開幕から4勝1敗と絶好調で、2年目にしてプレーオフ進出も視界に入ってきた。

今シーズン、一気にブレイクしそうなのがSOで選出されたカーウィン・ボッシュ(シャークス)。シャークスには南ア代表キャップ56を保有するパトリック・ランビーが在籍するが現在は怪我で離脱中。

ランビーの穴を埋めるべくボッシュがプレーしているが、今の活躍を続ければ近いうちスプリングボクスに招集される日が来そうだ。

ボッシュはまだ19歳。南アフリカ代表は昨年テストマッチで結果を出すことができなかったが、20歳前後に才能溢れる選手が多く、今年は世代交代が加速し、よりエネルギッシュなチームになるのではないか。

なお、次点としてサンルウブズからリアキ・モリ、デレック・カーペンター、江見翔太が選出されている。

スーパーラグビー第5節Rugby365ベストフィフティーン

ポジション  選手  チーム 
PR1  リゾ・ゴボカ ブルズ
HO  アグスティン・クレービー ジャガーズ
PR3  オーウェン・フランクス クルセイダーズ
LO4  ルーク・ロマノ クルセイダーズ
LO5  サム・ホワイトロック クルセイダーズ
FL6  ヤコ・クリエル ライオンズ
FL7  アンディサ・ンツィラ キングズ
No.8  ジェローム・カイノ ブルーズ
SH  ゴンサロ・ベルタノウ ジャガーズ
SO カーウィン・ボッシュ シャークス
WTB11  メラニ・ナナイ ブルーズ
CTB12 リース・ホッジ レベルズ
CTB13  フランソワ・フェンター チーターズ
WTB14  マット・ダフィー ブルーズ
FB  ディリン・レイズ ストーマーズ

アグスティン・クレービー(Agustin Creevy)

Super Rugbyが選ぶ第5節ベストフィフティーン。リアキ・モリとカーペンターが選出!

2017.03.29