リアキ・モリが選出!Planet Rugbyが選ぶ第5節ベストフィフティーン

リアキ・モリ

スーパーラグビー2017第5節ベストフィフティーン

イギリス発のラグビーメディア、Planet Rugbyがスーパーラグビー第5節のベストフィフティーンを発表し、サンウルブズからはLOリアキ・モリが選出された。

リアキ・モリは第5節のストーマーズ戦でトライを取っただけでなく、ディフェンスでも19タックルを成功させたことなどが評価された。

身長198cm、体重118kgと大柄ながら運動量が豊富で、チームプレーに徹するプレースタイルが広くファンから支持されている。

今シーズンは昨年にも増して活躍が目立っており、第3節のチーターズ戦ではサンウルブズは試合に敗れながらもモリがMOMに選出、近い将来日本代表として桜のジャージを着てプレーする姿を見ることができそうだ。

SOでは2015年にリコーでプレーしたバーナード・フォーリーが選出。フォーリーは脳震盪のため開幕から試合に出場することができず、今シーズン初の出場となったレベルズ戦で23キャリー、164メーター、ディフェンス突破6回の大活躍、チームの勝利に大きく貢献した。

ワラタスはここまで2勝3敗と出遅れており、豪代表ワラビーズの司令塔でもあるフォーリーの復活を契機にチームも勢いに乗っていきたいところ。

スーパーラグビー第5節Planet Rugbyベストフィフティーン

ポジション  選手  チーム 
PR1  アキ・セイウリ ハイランダーズ
HO  リーアム・コルトマン ハイランダーズ
PR3  ウィルコ・ロウ ストーマーズ
LO4  リアキ・モリ サンウルブズ
LO5  サム・ホワイトロック クルセイダーズ
FL6  ジャン=ルック・デュプレア シャークス
FL7  マイケル・フーパー ワラタス
No.8  ジョーダン・タウフア クルセイダーズ
SH  ミッチェル・ドラモンド クルセイダーズ
SO バーナード・フォーリー ワラタス
WTB11  ラミロ・モヤーノ ジャガーズ
CTB12 ヘロニモ・デラフエンテ ジャガーズ
CTB13  ルカンヨ・アム シャークス
WTB14  マット・ダフィー ブルーズ
FB  マイケル・コリンズ ブルーズ

Rugby365が選ぶスーパーラグビー2017第5節ベストフィフティーン

2017.03.28