ウインドウマンスは6月→7月へ。ワールドラグビーが2020年以降のカレンダーを発表

ワールドラグビー

ウインドウマンスは6月→7月へ、スーパーラグビーは中断なく開催

ワールドラグビーは2020年〜32年のカレンダーを発表した。日本に大きく関係してくる項目は以下の3点。

1.ウインドウマンスが6月→7月に
2.スーパーラグビーは中断なく開催
3.ティア1vsティア2の試合を39%増に

ウインドウマンス(テストマッチ月間)はこれまで6月だったのが7月に変更となる。7月のウインドウマンスは北半球の国が南半球に遠征するため、日本は7月にホスト国として北半球の国を受け入れ試合をすることになる。

なお、日本は地理上は北半球に位置するが、ラグビーにおいてはNZや豪と同じく南半球の国としての位置付け。また、11月のウインドウマンスは1週間早まり、11月の始めから3週間となる。

ウインドウマンスの変更に伴い、スーパーラグビーは6月に中断することなく、2月〜6月に継続して行われ、7月のウインドウマンスの前に終了することになる。

これにより大会の盛り上がりを欠くことなく、プレーオフまで継続して開催することが可能となる。また代表チームとしては7月のウインドウマンス前の準備期間を確保しやすくなる見込み。

テストマッチにおいてはティア1(NZ、イングランド等の強豪国)とティア2(日本、アメリカ等のティア1の次のレベルの国)の対戦機会が前のカレンダーと比較すると39%増となる。ティア2に区分される日本にとっては、2019年以降も強豪国と一定の試合数を与えられる機会が継続しそうだ。

ラグビー界における「ティア1(tier1)」と「ティア2」とは?ティア1を目指す日本

2016.11.23