Planet Rugbyが選ぶスーパーラグビー2017第3節ベストフィフティーン

スーパーラグビー

スーパーラグビー2017第3節ベストフィフティーン

Rugby365に続いてPlanet Rugbyも第3節のベストフィフティーンを発表した。

サンウルブズが対戦したチーターズからは主将でHOのファンヤースフェルトとFL6モホジェの2人が選出。

ファンヤースフェルトはトライを取っただけでなく10タックルを成功させるなどディフェンス面でも評価された。モホジェはチーム最多となる13キャリー、さらにタックルを4回破りトライも取るなど、サンウルブズはモホジェに苦しめられた。

Rugby365では福岡堅樹が選ばれたWTB11はクルセイダーズ(NZ)のディグビー・イオアネが選ばれた。

イオアネは2015年、2016年シーズンをトップリーグのホンダでプレー、クルセイダーズに移籍してもハイパフォーマンスを続け3節のレッズ戦では78メーターを記録するなどアタックで活躍、チームの逆転勝利に貢献した。

今シーズン絶好調なのが、チーフスのSHタウェラ・カーバーロー。チーフスは開幕からハイランダーズ、ブルーズ、ハリケーンズと3戦連続でNZ勢との試合が続いたが、カーバーローが攻守にわたって活躍、3連勝と最高のスタートを切った。

オールブラックスの正SHアーロン・スミス(ハイランダーズ)の調子がイマイチなだけに、代表でもレギュラーを獲得しそうな勢いだ。

スーパーラグビー第3節Planet Rugbyベストフィフティーン

ポジション  選手  チーム 
PR1  サンティアゴ・ガルシア・ボタ ジャガーズ
HO  トルステン・ファンヤースフェルト チーターズ
PR3  オファ・トゥウンガファシ ブルーズ
LO4  エベン・エツベス ストーマーズ
LO5  サム・ホワイトロック クルセイダーズ
FL6  テボホ・モホジェ チーターズ
FL7  クリス・アルコック ブランビーズ
No.8  ワーレン・ホワイトリー ライオンズ
SH  タウェラ・カーバーロー チーフス
SO カーウィン・ボッシュ シャークス
WTB11  ディグビー・イオアネ クルセイダーズ
CTB12 ライアン・クロッティ クルセイダーズ
CTB13  サム・ケレヴィ レッズ
WTB14  ディリン・レイズ ストーマーズ
FB  ダミアン・マッケンジー チーフス

タウェラ・カーバーロー(Tawera Kerr-Barlow)

福岡堅樹が選出!Rugby365が選ぶSR第3節ベストフィフティーン

2017.03.14