Super Rugbyが選ぶ第2節ベストフィフティーン。MVPはロス・クロニエ

Cronje

スーパーラグビーが選ぶ第2節ベストフィフティーン

Planet RugbyRugby365に続いて、スーパーラグビーの公式HPでも第2節のベストフィフティーンが発表された。

3つの媒体全てで選出されたのはPR1オクス・ンチェ(チーターズ)、No.8ワーレン・ホワイトリー(ライオンズ)の2名。選ばれる選手が異なるのは、人によって着目するポイントが異なることやトライ数やタックル数などの数字だけで評価するのが難しいという側面があるからだろう。

チームではハリケーンズ(NZ)から最多となる4名が選出、WTB11ジュリアン・サヴェア(兄)、FL7アーディー・サヴェア(弟)の兄弟も2人揃って選出された。ともにNZ代表選手でもあり、今やラグビー界においては最も有名な兄弟に。

サンウルブズが対戦したキングズからはSOのルイオネル・クロンニャが選ばれた。クロンニャは7本のプレースキックを成功させ、ボールキャリー14回、48メーターを記録、SOとしてサンウルブズのディフェンスにプレッシャーをかけ続けた。

MVPはライオンズのSHロス・クロニエ。ワラタス相手にディフェンス突破5回、クリーンブレイク4回、1トライ、守ってはタックル5回を全て成功させ、55-36とチームの勝利に貢献した。

第2節スーパーラグビーベストフィフティーン

ポジション  選手  チーム 
PR1  オクス・ンチェ チーターズ
HO  ジョシュア・マンレー ブランビーズ
PR3  チャーリー・ファウムイナ ブルーズ
LO4  ピーター=ステフ・デュトイ ストーマーズ 
LO5  サム・カーター ブランビーズ 
FL6  ブラッド・シールズ ハリケーンズ
FL7  アーディー・サヴェア ハリケーンズ
No.8  ワーレン・ホワイトリー ライオンズ
SH  ロス・クロニエ ライオンズ
SO ルイオネル・クロンニャ キングズ
WTB11  ジュリアン・サヴェア ハリケーンズ
CTB12 ンガニ・ラウマペ ハリケーンズ
CTB13  イズラエル・フォラウ ワラタス
WTB14  ワイサケ・ナホロ ハイランダーズ
FB  SP・マレー ストーマーズ

ロス・クロニエ(Ross Cronje)