第54回日本ラグビー選手権試合日程と結果速報

ラグビーボール

ラグビー日本選手権1月21日(土)の結果速報

日にち 時間 対戦カード 会場
1/21(土) 12:05  パナソニック 36-24 ヤマハ 花園 
14:05  サントリー 54-29 帝京大学  花園 

日本選手権決勝は1月29日(日)秩父宮で開催

日にち 時間 対戦カード 会場
1/29(日)  14:00  サントリー vs パナソニック 秩父宮 

2016年度のラグビーがいよいよラストイベントを迎える。

1月21日(土)に花園で日本選手権準決勝、29日(日)に秩父宮で決勝戦が開催、日本一のタイトルをかけた試合が行われる。出場するのはサントリー(TL1位)、ヤマハ(TL2位)、パナソニック(TL3位)、帝京大学(大学王者)の4チーム。今回の日本選手権で学生が出場するのは最後となり、ファンの注目度も高い。

優勝争いはトップリーグで15戦全勝優勝を果たしたサントリーがやや優勢か。FWはスクラムが強く、ラインアウトも安定、自慢の高速BK陣はラン、パス、キックと多彩なオプションからボールをつなぎ、大外で決定力のあるWTBがトライを取るシーンが目立った。

トップリーグでサントリーに敗れ、14勝1敗で2位となったヤマハも雪辱を果たすべく燃えている。サントリーとの試合では自慢のスクラムで劣勢となったことが後手に回った結果となったが、この辺りもしっかり修正してくるだろう。BKではCTBにヴィリアミ・タヒトゥアとマレ・サウの強くて速い選手が選手が出場、相手にとっては脅威だ。

トップリーグ4連覇を目指したものの、3位となったパナソニック。選手層の厚さはNo.1で、シーズンを通して若手を起用しながら後半にチーム力を一段と上げてきた印象だ。日本選手権では日本代表メンバーの他に、FLデービッド・ポーコック、CTBリチャード バックマンが先発、リザーブに内田啓介やタンゲレ・ナイヤラボロが回るという超強力な布陣で挑む。

注目したいのは大学選手権8連覇を達成した帝京大学。準決勝ではサントリーと対戦する。苦戦が予想されるスクラムでなんとか踏ん張り、低くて出足の速いディフェンスでサントリーの攻撃を食い止めたい。トップリーグチームに公式戦で挑むのは今回が最後となる見込み。帝京大学の奮闘に期待したい。

準決勝、決勝戦は全てNHK Eテレ、またはNHK総合で生放送される。2016年シーズンを締めくくる熱い試合に注目だ。