2019年ラグビーW杯日本大会の組み合わせ抽選会を「京都迎賓館」で開催

京都迎賓館

ラグビーW杯日本大会の抽選会は2017年5月10日に京都迎賓館で開催

ワールドラグビーは2019年9月から日本で開催されるラグビーワールドカップ2019の組み合わせ抽選会を、2017年5月10日に京都市上京区にある「京都迎賓館」で開催すると発表した。

京都は日本文化・伝統の中心地であり世界に向けて発信力のある場所で、さらに会場となる京都迎賓館は多くの国賓を迎えてきた特別な場所であることから開催地として選ばれた。

ラグビーW杯は20カ国が出場、2015年W杯で各予選プール5カ国中3位以内に入った12チームは予選免除となり、既に出場が決まっている。

その12カ国は日本の他に、NZ、イングランド、オーストラリア、南アフリカ、アルゼンチン、ウエールズ、スコットランド、アイルランド、フランス、ジョージア、イタリア。

残りの8カ国は各地域の予選やプレーオフを得て決定する。

2019年のラグビーW杯は9月20日に東京の味スタで開幕し、11月2日に横浜の日産スタジアムで決勝戦が行われる。2019年大会は9回目のW杯で、これまでNZが3回、オーストラリア、南アフリカが2回、イングランドが1回優勝している。

なお、抽選会が開催される京都迎賓館は一般公開もされているので、興味のある方はこちらより。

ラグビーワールドカップ2019抽選会の抽選方法などのまとめ

2017.05.09