ダン・カーターらのドーピング疑惑は「白」、潔白が証明される

ダン・カーター

ダン・カーター、ジョー・ロコソコ、ファン・イモフの薬物違反はなし

仏TOP14「ラシン92」に所属する、ダン・カーターとジョー・ロコソコの元オールブラックス2選手と、ファン・イモフ(アルゼンチン代表)の3名が6月のTOP14の決勝後に行われたドーピング検査に引っかかった問題で、フランスの地元紙は3選手に対する追加調査とヒアリングの結果、薬物違反には該当しないと報道した。

どうやら怪我の治療のための薬が試合後に採取した尿に入っていたようで、ラシン92ファンは一安心といったところ。チームは昨シーズンは優勝したが、今シーズンは4勝4敗の8位といまいちで、この結果を受けて本来の力を取り戻し浮上のきっかけとしたい。

ちなみに、6月のTOP14決勝戦、ラシン92vsトゥーロン(現在五郎丸が所属)はスペインのFCバルセロナの本拠地「カンプ・ノウ」で開催され、集まった観衆はなんと9万9,124人。すごい雰囲気でこれを観るとフランスでプレーしたいと思う南半球のプレーヤーも増えるのではないか。

ラシン92vsトゥーロンTOP14決勝戦2016動画