アーロン・スミス、ブレディスローカップのオーストラリア戦を辞退

オールブラックス

アーロン・スミス、ブレディスローカップのオーストラリア戦を辞退

クライストチャーチ空港の障害者トイレに女性の友達と入る所を目撃され、遠征先の南アフリカから強制帰国となったオールブラックスSHアーロン・スミス。

10月22日にウェリントンで行われるブレディスローカップ第3戦オーストラリア戦へ出場するのか注目されていたが、スミス自ら辞退を申し出て、代わりにチーフスでプレーしていたアウグスティン・プル(2017年からはブルースでプレー予定)が招集された。

オーストラリア戦のSHはTJペレナラが先発、タワラ・カーバローとアウグスティン・プルがリザーブとなりそうだ。試合は10月22日(土)午後3時35分(日本時間)からテストマッチ18連勝の新記録をかけてイーデン・パークで行われる。

アーロンスミスはNZに帰国後、「トイレ事件」についてNZラグビー協会のヒアリングを受け、その際オーストラリア戦への辞退を申し出たという。

なお、NZheraldによると、アーロン・スミスがオーストラリア戦に出場すべきかという問いに対し、Yesと答えたのは27%、HCの判断を尊重と答えたのが36%、NOが37%だった。なお、スミスがこれまで同様、ハカのリードをすべきかとの問いに対しては、YESが62%、NOが28%という結果に。

NZはオーストラリアと戦った後、11月6日にアメリカのシカゴでアイルランドと対戦、その後ヨーロッパでイタリア、アイルランド、フランスと試合を行う。アーロン・スミスはこのアメリカ・ヨーロッパツアーに参加するのか注目だ。

アーロン・スミス涙の謝罪「大きな過ちを犯した」

2016.10.07