ラグビー日本代表歴代キャップ保有選手ランキングTOP20!

ラグビー日本代表

ラグビー日本代表歴代キャップ保有選手ランキング

各国のラグビーにおける最高峰のカテゴリーは言うまでもなく国の代表選手。

国を代表しフル代表のテストマッチに挑む選手達は、ラグビー選手の憧れであり最終的な目標となっている。

代表選手は所属しているクラブでも主力であり、さらに代表で活躍することで人気・知名度も高まり、ラグビー界の顔としてメディアへの出演も多くなる。

しかし、日本代表の選手になることは狭き門。

ザックリとした数値で表すと、現在トップリーグは16チームあり、各チーム50名ほどの選手が在籍している。

その内、外国出身の選手など日本代表資格のない選手を除くと45名程度。代表にはその都度30名ほどの選手が選ばれ、試合に出場できるのはリザーブを含め23名までとなる。

つまり、45名×16チーム=720名の選手から代表選手30名が選ばれ、試合に出れるのは先発15名+リザーブ8名までとなる。

日本代表の選考にあたっては、トップリーグ傘下のトップチャレンジリーグや大学生も対象となることから、選考にあたっての母数はさらに多くなる。

このように、代表キャップを得ることができるのはトップクラスの選手の中でもごく一部。

日本における初のテストマッチは1932年(昭和7年)のカナダ戦。以来、以来650名を超える選手が代表キャップを獲得している。

ここでは、その中からテストマッチに出場してきた保有キャップの多い選手をご紹介したい。

ラグビー日本代表歴代キャップ保有選手TOP20一覧

順位 名前 cap 所属 W杯出場歴
大野均  98  東芝  2007、2011、2015
2 小野澤宏時  81  サントリー、キヤノン  2003、2007、2011、
3 元木由記雄  79  神戸製鋼  1991、 1995、 1999、 2003
4 畠山健介 78  サントリー  2011、2015
5 田中史朗 70 パナソニック  2011、2015
6 菊谷崇 68 トヨタ、キヤノン  2011
7 トンプソンルーク 66 近鉄 2007、2011、2015
8 伊藤剛臣 62 神戸製鋼、釜石 1999、 2003
8 リーチマイケル  62 東芝 2011、2015
10 堀江翔太 61 パナソニック 2011、2015
11 大畑大介 58 神戸製鋼 1999、 2003 
12 五郎丸歩 57 ヤマハ、トゥーロン 2015
12 田村優 57 キヤノン 2015
14 立川理道 55 クボタ  2015
15 山下裕史 51 神戸製鋼  2015
15 日和佐篤 51 サントリー  2011、2015
17 箕内拓郎 48 NEC、ドコモ 2003、2007
18 増保輝則 47 神戸製鋼 1991、 1995、 1999
19 ホラニ龍コリニアシ 45 パナソニック  2011、2015 
20 薫田真広 44 東芝 1991、 1995、 1999
20 木津武士 44 神戸製鋼 2015

※キャップ数は2019年9月時点。

なお世界最多キャップ数を保有しているのはNZ代表前主将リッチー・マコウで148キャップ。

日本代表

【11月最新】ラグビー世界ランキング!1位南ア、2位NZ、日本代表は8位!

2016年6月13日