NZ代表オールブラックスSHアーロン・スミスが不祥事を起こし南ア戦出場停止へ

オールブラックス

アーロン・スミスが女性とトイレに入るところを目撃されNZに帰国へ

向かうところ敵なしのNZ代表オールブラックス。ラグビーチャンピオンシップでは負けなし5連勝、現在は10月9日(日)の最終戦である南ア戦に向け、敵地ダーバンに滞在しているが、びっくりするようなニュースが舞い込んできた。

NZ代表キャップを50保有し「世界一のSH」との呼び声が高いアーロン・スミス(ハイランダーズ)が、先月、アルゼンチン代表との試合に向けて出発するために訪れていたNZクライストチャーチ空港の障害者トイレに女性の友達と入るところを目撃され、チームの規律を破ったとして南ア戦を出場停止、NZに帰国することとなった。

スティーブ・ハンセンHCによると、南アフリカに到着してからこのことを知らされ、本人に確認したところ事実であると認めたという。nzheraldでは目撃者の証言も細かく報じられている。

オールブラックスにはアーロンのライバルでもあるTJペレナラがいることから、チームにとって大きなマイナスとなることはなさそうだが、思わぬグラウンド外での出来事にハンセンHCも頭を抱える事となってしまった。

NZでは昨年、若手の有望株の選手が暴行事件を起こし、通常であれば明らかに有罪となる事件であるにもかかわらず「ラグビー選手としてのキャリアを考慮」した裁判官の判断により有罪を免れ、さらにNZラグビー協会の会長も選手と判決を擁護、世論が反発し議論が巻き起こっていた。

NZではこれまでもオールブラックスの選手をはじめ、ラグビー選手による暴行事件や飲酒にからむトラブルが多く発生しているが、オールブラックス選手には特に規律を守りグラウンド外でも尊敬されるような行動をとってもらいたいものだ。

アーロン・スミス(Aaron Smith)プレー動画

アーロン・スミス涙の謝罪「大きな過ちを犯した」

2016.10.07