ラグビーチャンピオンシップ第4節、オーストラリアがアルゼンチンに勝利し2位へ!

McMahon

The Rugby Championship4rd オーストラリアvsアルゼンチン

ラグビーチャンピオンシップ2016第4節2試合目は、調子の出ないオーストラリアと、南ア戦に続きオーストラリアにも勝利をと意気込むアルゼンチンの戦い。

試合はオーストラリアのパースにあるNIBスタジアムにて開催された。スタジアムの収容人数は18,000人とテストマッチを開催するには小ぶりながら、オーストラリア代表の低迷もあって、スタンドには空席も目立った。

前半、オーストラリアが3連続トライで先行

オーストラリアは試合開始直後、CTB12バーナード・フォーリーがアルゼンチンのミスキックをキャッチしゲイン、ラック形成後BKにボールを回しCTB13サム・ケレヴィがトライ、試合が始まってから1分もたたないうちに7-0と先制した。

さらに7分にオーストラリアは相手陣内22m付近のラインアウトからBKのサインプレーで内に走り込んできたWTB14デイン・ハイレット・ペティがディフェンスの間を抜いてトライ14-0とリードした。

11分にはSHウィル・ゲニアがアルゼンチンSOニコラス・サンチェスにタックル、こぼれたボールをゲニアが前方に蹴り込んで、自らキャッチしてトライ、オーストラリアは3連続トライで一気に21-0とリードを広げた。

その後試合は落ち着き、22分、33分にアルゼンチンがPGを決めてスコアは21-6に。デービッド・ポーコックが負傷退場し、多くの選手が流血するなど激しい試合となったが、ホームのオーストラリアがアルゼンチンのミスに乗じてトライを挙げ21-6とリードし折り返した。

後半は追い上げるアルゼンチン、逃げるオーストラリアの展開に

後半最初に得点を取ったのはアルゼンチンだった。後半43分にFBホワキン・トゥクレットが大きくゲインした後、大外までパスを回し、最後はWTB14サンティアゴ・コルデーロがステップでディフェンスを抜いてトライ、21-13とした。

51分、オーストラリアは相手陣内22mライン付近のラインアウトからSHウィル・ゲニアがゲイン、NO.8ショーン・マクマーンがゴール前までボールを運び、ラックからゲニアがボールを持ち出してトライ、26-13とした。

さらに63分には相手ののパスミスを拾ってアタック、HOタタフ・ポロタナウがゲインし、FL7マイケル・フーパーがトライを決め33-13と勝負を決定づけた。

後がないアルゼンチンは71分、オーストラリアゴール前のラインアウトからFWがモールで押し込み、NO.8ファクンド・イサがトライ33-20とした。

74分にオーストラリアはPGを決めスコアは36-20に。オーストラリアがこのまま逃げ切り、南アフリカ戦に続いて連勝し2勝2敗、4連勝で優勝を決めたNZに続いて2位となった。

ラグビーチャンピオンシップ2016 オーストラリアvsアルゼンチン 9/17動画

ラグビーチャンピオンシップ2016(南半球4カ国対抗戦)の試合日程と速報結果

2016.08.22