ラグビーチャンピオンシップ2016(南半球4カ国対抗戦)の試合日程と速報結果

allblacks

ザ・ラグビーチャンピオンシップ2016の概要

元々はNZ、オーストラリア、南アフリカの3カ国にて「トライネイションズ」という名前で開催されていたが、2012年からはアルゼンチンも加わり、「ザ・ラグビーチャンピオンシップ」という名前に変更、南半球の強豪4カ国にて、ホーム・アンド・アウェー方式で各チーム6試合を戦う。

NZ、オーストラリア、南アフリカ、アルゼンチンは2015年のW杯でベスト4に進出した強豪国であり、世界で最もハイレベルな試合が展開される。

ラグビーチャンピオンシップ2016最終順位表

順位 チーム名 得失差 勝点
1 NZ 6 0 0 +178 30
2 オーストラリア 3 0 3 -28 13
3 南アフリカ 2 0 4 -63 10
4 アルゼンチン 1 0 5 -87 5

※勝点は勝ち4点、引分2点、負け0点、4トライ以上で1点、7点差以内の負けで1点。

NZが全6試合をボーナスポイントも獲得して勝利し優勝、圧倒的な強さを見せつけた。2位はオーストラリア、3位南アフリカ、4位アルゼンチンとなった。

オーストラリアは6月のホームでのテストマッチでイングランドに3連敗し、マイケル・チェイカHCの責任問題に発展していたが、なんとか2位を確保し、チェイカHCは仕事を失わずに済みそうだ。

南アフリカはアリスター・クッツェー新HCが選手を試しながら、もがいてる状態。NZには2試合連続で大敗を喫し、アルゼンチンにも負けるなどチーム状態は上がらないまま終わってしまった。

アルゼンチンは4位で最下位となったものの、No.8ファクンド・イサ、LOマティアス・アレマノら若手が活躍、経験を積んだことで今後の伸び代に期待できそうだ。

ラグビーチャンピオンシップ2016試合結果

日時(日本時間) 場所 対戦と結果
8月20日(土)19:05 シドニー オーストラリア 8-42 ◯NZ 
8月21日(日)00:05 ネルスプロイト  ◯南ア 30-23 アルゼンチン 
8月27日(土)16:35  ウェリントン  ◯NZ 29-9 オーストラリア 
8月28日(日)02:40 サルタ  ◯アルゼンチン 26-24 南ア 
9月10日(土)16:35 ハミルトン  ◯NZ 57-22 アルゼンチン 
9月10日(土)19:05  ブリスベン ◯オーストラリア 23-17 南ア
9月17日(土)16:35  クライストチャーチ  ◯NZ 41-13 南ア 
9月17日(土)19:05   パース ◯オーストラリア 36-20 アルゼンチン 
10月2日(日)00:05 プレトリア  ◯南ア 18-10 オーストラリア 
10月2日(日)07:10  ブエノスアイレス アルゼンチン 17-36 ◯NZ
10月9日(日)00:05 ダーバン 南ア 15-57 ◯NZ 
10月9日(日)03:30 ロンドン アルゼンチン 21-33 ◯オーストラリア 

ラグビーチャンピオンシップ2016試合動画

オーストラリアvsNZ(2016/8/20)

南アフリカvsアルゼンチン(2016/8/21)

NZvsオーストラリア(2016/8/27)

アルゼンチンvs南アフリカ(2016/8/28)

NZvsアルゼンチン(2016/9/10)

オーストラリアvs南アフリカ(2016/9/10)

NZvs南アフリカ(2016/9/17)

オーストラリアvsアルゼンチン(2016/9/17)

南アフリカvsオーストラリア(2016/10/2)

アルゼンチンvsNZ(2016/10/2)

南アフリカvsNZ(2016/10/9)

アルゼンチンvsオーストラリア(2016/10/9)