7人制ラグビー日本、リオ五輪準決勝でフィジーに敗れ決勝進出ならず、3位決定戦へ

7人制ラグビー

7人制ラグビー日本、リオ五輪準決勝でフィジーに敗れる

この日リオ・デ・ジャネイロは快晴。日本は決勝進出をかけて世界ランキング1位フィジーと対戦した。

前半、日本はフィジーを追いかける展開に

フィジーボールでキックオフ。するとフィジーはボールをキープしアタック、日本は反則でさらに攻められると、フィジーはBKに展開し先制トライ、0-5とリードを許した。

前半2分、フィジーは危険なタックル(レイトチャージ)でシンビン(一時退場)となり一人少ない6人に。すると日本はラインアウトから攻めて、最後は後藤輝也がトライ、5-5の同点に追いついた。

次のキックオフで日本はミス、ボールはフィジーへ。日本はディフェンスで奮闘するも、大柄なフィジー選手をタックルで止めることができずトライを許す。スコアは5-10に。

前半終了間際、日本はアタックを仕掛けたものの、フィジーにボールを奪われ前半終了。日本は前半、5-10とリードされ折り返した。

後半、日本はレメキ・ロマノのシンビンで苦境に

後半は日本ボールでキックオフ。フィジーがアタックすると次々にゲイン、日本は身体能力で上回る相手を止めることができない。そして、トライを許し5-15とリードを広げられた。

その後日本はアタック開始、しかし、ボールを奪われるとレメキ・ロマノが危険なタックルで痛恨のシンビンで一時退場へ。1人少ない日本は直後にトライを許し5-20と厳しい展開に。

後半5分、日本はアタックを継続するもフィジーのディフェンスに阻まれ、その後もノックオンなどでチャンスを活かせず。

日本は試合終了間際に反則を得てアタックするもゴールラインを破ることはできず、5-20で敗戦、3位決定戦に回ることになった。次の試合で勝利して銅メダルを目指す。

リオ五輪7人制ラグビー(セブンズ)男子、決勝トーナメントの結果速報!

2016.08.10