リオ五輪7人制ラグビー日本代表が準決勝で対戦するフィジーの紹介

7人制ラグビーフィジー

7人制ラグビー、フィジー代表はこんなチーム

リオ五輪7人制ラグビーはいよいよ最終日を迎え、オリンピックの7人制ラグビーにおける初の金、銀、銅メダルを手にする国が決定する。

メダルを手にする可能性を持った4つのチームの中に日本が入っていることは嬉しい誤算であり、昨年のW杯で盛り上がったラグビー界をさらに勇気付けている。

予選の初戦でラグビー王国NZを撃破し、格上のケニアにも完勝して日本は予選プールCを2位で突破。準々決勝でもフランス相手に試合終了間際の逆転トライで勝利しベスト4まで勝ち進んでいる。

フィジーはセブンズ世界ランキング1位のチーム

次の準決勝で対戦するのは、予選プールAを3連勝、1位で勝ち抜き、準々決勝ではNZに勝利したフィジー。

7人制ラグビーの国際大会であるセブンズのワールドシリーズ2015-16では、NZやオーストラリアを抑え総合1位に輝いている。(日本は15位、セブンズランキングについての詳細はこちら

身体能力が高くて大きい選手が揃っており、時に「フィジアンマジック」と称される、予測しづらく変幻自在なパスとランのアタックが得意なチームで、日本にとっては事前の対策が立てづらく、厳しい戦いになることは間違いない。組織力で勝負する日本とは対照的なチームだ。

フィジーは南太平洋にある人口90万人、面積は岩手県とさほど変わらない小さな島国で、ラグビーが国技の国。15人制のW杯ではベスト8が最高成績で、夏と冬のオリンピックではこれまでメダルを獲得したことがないだけに、そのモチベーションは高いはず。

日本としてはラインアウトなどのセットプレーを安定させ、マイボールを確保し敵陣でプレーする時間帯を多くして、相手を焦らせることができれば、勢いに乗っているだけに勝利が見えて来るはずだ。

注目の大一番は12日(金)2:30に試合開始、NHKでも生放送される予定。夜更かししてでも観る価値はあったという試合を期待したい。

7人制ラグビーフィジー代表チームの動画その1

7人制ラグビーフィジー代表チームの動画その2

リオ五輪7人制ラグビー(セブンズ)男子、決勝トーナメントの結果速報!

2016.08.10