リオ五輪セブンズ、日本は予選最終戦でケニアに31-7で勝利し予選突破!準々決勝へ

ラグビー7人制

予選プールCの戦い2試合を1勝1敗で終えた日本。予選突破をかけたケニアとの大一番は11日(火)0時にスタートした。

日本、前半からケニアに対し試合を優勢に進める

日本は試合開始直後からボールをキープ、BKでボールを繋いで羽野一志がゴールポスト下にトライ、7-0と幸先の良いスタートを切った。その後ケニアがチャンスを迎えるも日本の速いプレッシャーにノックオンをするなど攻めきれず。

しかし、体格とスピードに勝るケニアは個人技で日本に対抗、インジェラがボールを持ち出すと、日本は徳永祥尭のタックルが及ばずトライを許し7-7の同点に。

この後日本とケニアにノックオン。スタミナに自信のある日本は前半終了間際に猛攻を仕掛け、パスをミスなく何度も繋いで最後はレメキ・ロマノがトライ!前半は14-7とリードし折り返した。

後半集中力を欠いたケニア、日本が一気に突き放す

後半開始から日本は出足鋭くディフェンスで相手にプレッシャーをかける。日本はケニアゴール前のスクラムから合谷和弘がサイドアタックを仕掛けてそのままトライ、19-7とリードを広げた。

日本のキックオフ後、ケニアはノットリリースザボールの反則を犯す。すると日本はラインアウトからモールで押し込み、ケニアはたまらず再び痛恨の反則をすると、これが日本の勝利を大きく引き寄せるペナルティトライに。日本は26-7とリードを広げた。ケニアはさらに一時退場(シンビン)で2分間6人でプレーする厳しい展開に。

集中力を欠いたケニアはミスを繰り返す。日本は再びケニアゴール前からのラインアウトから攻め、最後はレメキ・ロマノが相手を押し込みながらトライ。

試合は31-7でノーサイドとなり日本は予選プールC最終戦で格上ケニアにも見事勝利、予選を2勝1敗、予選プールCを2位で終え予選突破を決めた!準々決勝以降の日程と結果速報はこちらにて!

リオ五輪7人制ラグビー(セブンズ)男子、決勝トーナメントの結果速報!

2016.08.10

リオ五輪7人制ラグビー(セブンズ)男子、試合結果まとめ。日本代表は4位!

2016.08.06