Super Rugbyが選ぶ第17節ベストフィフティーン。レマルとミフィポセチが選ばれる

スーパーラグビー

Super Rugbyが選ぶ第17節ベストフィフティーン

スーパーラグビー最終節、第17節のSuper Rugbyが選ぶベストフィフティーンが発表され、サンウルブズは最終節でシャークス(南ア)相手に29-40で敗れたものの、LO4レマルとCTB12のミフィポセチが選出された。

レマルはボールキャリー9回、タックル15回、トライも1つ取り最後までプレー、攻守にわたり大活躍だった。サンウルブズのFW第2列はボンド、真壁、レオナルディらが怪我で戦線離脱となる中、レマルはシーズン中盤から、主力として出場し続け、最後にベストプレーを見せた。

ミフィポセチは本職ではないWTBで試合出場が続いていたが、シャークス戦は立川の負傷により本人が最も得意とするCTB12で先発。すると、ボールキャリー20回、ディフェンスブレイク8回、2トライと大活躍。シャークスディフェンスを何度も突破し、圧倒的な存在感を見せつけた。

スーパーラグビー第17節Super Rugbyベストフィフティーン

ポジション  選手  チーム 
PR1  パディー・ライアン ワラタス
HO  トルステン・ヤースフェルト チーターズ
PR3  コニー・ウーストハイゼン シャークス
LO4  ファアティンガ・レマル サンウルブズ
LO5  スコット・バリット クルセイダーズ
FL6  ショーン・マクマーン レベルズ
FL7  サム・ケイン チーフス
No.8  ファクンド・イサ ジャガーズ 
SH  ニック・フリスビー レッズ
SO ガース・エプリル シャークス
WTB11 トム・イングリッシュ レベルズ
CTB12 パエア・ミフィポセチ サンウルブズ
CTB13  ヒュー・ジョーンズ ストーマーズ
WTB14  レオリン・ザス ストーマーズ
FB  デイン・ハイレットペティ フォース

スーパーラグビー2016最新順位表と選手ランキング

2016.03.15