Planet Rugbyが選ぶ第17節ベストフィフティーン

プラネットラグビー

Planet Rugbyが選ぶ第17節ベストフィフティーン

スーパーラグビー最終節、第17節のPlanet Rugbyが選ぶベストフィフティーンが発表された。

ライオンズ(南ア)を地元で破ったジャガーズからは130kgの大型PRエレーラとNO.8イサが選出された。ほぼアルゼンチン代表メンバーで構成されたジャガーズはシーズン前には優勝するのでは?との予想もあったが、終わってみれば4勝11敗と大苦戦。

特にNZ勢には5連敗とスーパーラグビーのレベルの高さに苦しんだ初年度となった。しかし、選手層が厚く若手を戦略的に起用して経験を積ませることができた。来シーズンはNZ勢との対戦はなくなることもあり、順位も大幅に上がるだろう。

本来であればサンウルブズもジャガーズのようにほぼ日本代表メンバーにて構成したかったものの、カーク、ピシ、フィルヨーンら外国人選手に依存する結果となった。

さらに、来シーズンの契約は進んでおらず、2年目のシーズンもほぼ同じメンバーとなる見込みのジャガーズとは現時点の準備段階で差が開いている状況。サンウルブズもジャガーズのように代表入りを目指す選手が当たり前のように契約するチームにならないと、日本代表とサンウルブズの中長期的な強化は難しい。

スーパーラグビー第17節Planet Rugbyベストフィフティーン

ポジション  選手  チーム 
PR1  トビー・スミス レベルズ
HO  デイン・コールズ ハリケーンズ
PR3  ラミロ・エレーラ ジャガーズ
LO4  ロリー・アーノルド ブランビーズ
LO5  ルアン・ボタ シャークス
FL6  ショーン・マクマーン レベルズ
FL7  サム・ケイン チーフス
No.8  ファクンド・イサ ジャガーズ 
SH  TJ・ペレナラ ハリケーンズ
SO リマ・ソポアンガ ハイランダーズ
WTB11 レオリン・ザス ストーマーズ
CTB12 ピアース・フランシス ブルーズ
CTB13  ヒュー・ジョーンズ ストーマーズ
WTB14  ワイサケ・ナホロ ハイランダーズ
FB  ベン・スミス ハイランダーズ

スーパーラグビー2016最新順位表と選手ランキング

2016.03.15