Planet Rugbyが選ぶ第16節ベストフィフティーン

planetrugby

Planet Rugbyが選ぶ第16節ベストフィフティーン

スーパーラグビー第16節のPlanet Rugbyが選ぶベストフィフティーンが発表された。こちらもNZ勢が10名、南ア勢4名、アルゼンチン1名の構成でNZのチームから多く選出された。

CTB13で選ばれたチーフスのセタ・タマニヴァル(Seta Tamanivalu)は身長189cm、体重105kg、23歳の選手で、先月のウェールズ戦でオールブラックスデビューを果たし、代表でもCTBのレギュラーとして定着するか注目されている選手。スーパーラグビーのトライランキングでも2位につけており、首位チーフスを牽引している。

スーパーラグビー第16節Planet Rugbyベストフィフティーン

ポジション  選手  チーム 
PR1  ティシェンゴ・ニーチェ チーターズ
HO  アッシュ・ディクソン ハイランダーズ
PR3  ヴィンセント・コッホ ストーマーズ
LO4  エベン・エツベス ストーマーズ
LO5  サム・ホワイトロック クルセイダーズ
FL6  ジェローム・カイノ ブルーズ
FL7  マット・トッド クルセイダーズ 
No.8  ファクンド・イサ ジャガーズ 
SH  TJ・ペレナラ ハリケーンズ
SO リッチー・モウンガ クルセイダーズ
WTB11 コートナル・スコーサン ライオンズ
CTB12 ピアース・フランシス ブルーズ
CTB13  セタ・タマニヴァル チーフス
WTB14  ジョニー・マクニコル  クルセイダーズ 
FB  デミアン・マッケンジー チーフス

スーパーラグビー2016最新順位表と選手ランキング

2016.03.15