7人制日本代表エース、レメキ・ロマノ・ラヴァが来季はサンウルブズでプレー!

レメキ・ロマノ・ラヴァ

7人制日本代表エース、レメキ・ロマノ・ラヴァが来季はサンウルブズでプレー!

スーパーラグビー2016年シーズンも残すところはあと2試合のみ。7月22日(土)からはプレーオフが開催され、8月6日(土)の決勝戦でスーパーラグビーの頂点が決まる。

シーズンも終わりが近づき、各チーム来シーズンへ向けての契約のニュースが相次ぐ中、心配なのが来季の選手契約について全く報道がないサンウルブズの動向。

HCのマーク・ハメットはハイランダーズのアシスタントコーチに、SOトゥシ・ピシは英ブリストルへ移籍、山田章仁も海外再挑戦を明言している。

サンウルブズはスーパーラグビーの参入にあたり、昨年は契約面での整備がなされていないこと等から、選手の契約が難航、HCと契約したのも開幕2ヶ月前と出遅れ、サンウルブズを運営しているジャパンエスアールやラグビー協会のマネジメントに疑問符がついているだけに、ファンとしては気が気でない。

そんな中、日刊スポーツによると7人制日本代表のエースであり、ホンダヒートに所属するレメキ・ロマノ・ラヴァが来季からサンウルブズでプレーするという報道があった。リオ五輪終了後は15人制に専念、サンウルブズでもプレーし2019年のW杯を目指すという。

レメキは身長177cm、体重92kg、NZ出身でポジションはWTBとFB。高校卒業後に来日し日本国籍も取得、日本人女性と結婚し日本語も話すことができる。

サンウルブズはビリアミ・ロロヘア、ジョン・スチュワートらWTBを本職とする選手が怪我で離脱、FBはフィルヨーンが一人で出場し続けており、ギリギリの状態が続いている。

そんな中、WTB、FBをこなすことができるレメキの加入はチームにとって大きく、日本代表との相乗効果も見込めそうだ。

レメキ・ロマノ・ラヴァ(Lemiki Lomano Lava)